Recent Posts

3466. バイオ系のベンチャー企業を立ち上げる夢


気がつけば、今日から12月に入っていた。今年も残すところ、あとひと月となる。

今年最後の月も、充実感に満ち溢れた形で進行していくだろう。そしてその流れは、来年へと受け継がれていく。そのようなことを思う。

起床して一時間ほど経ったが、今朝方の夢について少しばかり振り返っていた。ここのところは印象に残る夢をやたらと見ており、さらには、それらの夢を文章に書き留められるほど鮮明に覚えていることが不思議だ。

もちろん夢日記というのは、書けば書くだけ、夢の想起力を高めてくれるのだが、それを差し引いても、ここ最近はほぼ毎日夢について書いているように思う。

ある時期においては、数日間ないし一週間ほど夢をパタリと見なくなることもあるのだが、それとは逆に、現在のように毎日連続して夢を見ることがある。こうしたサイクルについても観察をしていきたいと思う。そうしたサイクルを生み出している要因は何かについて意識を持ってみよう。

今朝方の夢の中で私は、旅館が併設されている学校にいた。その学校は、実際に通っていた中学校のように思えた。なぜなら、中学校時代の友人がそこにたくさんいたからである。

どうやら私たちは、学校の横にある旅館のような施設に宿泊をしているようであり、それは合宿のようであった。男女合わせて五人ぐらいの友人と私は、ある教室の中にいた。

一人の友人が、ある生物の中に特殊な遺伝子を発見し、それを人工的に複製できることを実現させた。その発見をした友人を含め、私たちは教室で彼の話を聞いていた。

その友人は、決して学校の成績は良くなかったため、私たちは彼の発見に驚いていた。その場にいた私たちは全員、実際の中学生ぐらいの身体であり、心も大して成熟していないようだった。

特殊な遺伝子を発見した友人の話を聞いた後、彼は教室からいなくなり、教室に残った者たちで彼の発見について引き続き話をしていた。すると私はとっさに、「バイオ系のベンチャー企業を立ち上げよう」とみんなに持ちかけた。

彼の発見は非常に意味のあるものであり、その発見に基づいて社会にサービスを提供していくことが可能だと私は思った。そこにいた他の友人は身を乗り出して私の話を聞いていた。

私たちは、数ある会社形態の中でも株式会社を設立することを念頭に置いており、誰を代表取締役にするかが悩ましい問題として浮上した。教室から去っていった友人がその遺伝子を発見したことは間違いないため、彼を代表取締役にするというのは自然と言えば自然かもしれないが、彼は企業を引っ張っていくようなリーダーでは決してない。

そこからしばらく私たちは、誰を代表取締役にするかを話し合っていた。その議論の最中に、仮に株式会社を設立したら、実際に事業が始まるとすぐに上場を果たすような予感がしており、それが実現されると、設立者である私たちの元には大量の資金が流れ込んでくることが予想された。

その時に、遺伝子を発見した彼は少なくとも10億円ほどのカネを受け取ることになると思い、彼がそのような金額のカネを受け取っていいものかを私は考えていた。中学生であるということを除いても、その他にも、彼はそうした大金を持ってはならないような性質を持っているように思えてきたのである。

そうしたことから私は、少しばかり謀略のように思えるが、彼を会社の代表取締役にすることはおろか、役員にもしないほうがいいと考え、それをみんなに伝えた。その考えに対して、全員も賛成のようであったので、私たちは彼に気付かれない形でベンチャー企業を立ち上げた。

しかし後日、どのような経路で彼に知られたのかわからないが、彼は会社設立のメンバーに入れないことを知り、設立メンバーだけで行っていたミーティング中の教室に憤慨しながら入ってきた。そもそも彼を会社には一切関与させないと持ちかけたのは私であるから、私はその場をなんとか収めようとした。

私はカバンから、おやつと500円玉を取り出し、それを彼に渡した。すると、つい先ほどまで激怒していた彼は、「えっ、いいの?」という表情を浮かべていた。

「その代わり、発見した遺伝子に基づいて僕らだけで会社を立ち上げてもいい?」と聞くと、「うん、いいよ」と彼は笑顔で答えた。彼はおやつと500円玉を握りしめたまま、嬉しそうに教室を後にした。

そこで夢の場面が変わった。フローニンゲン:2018/12/1(土)07:37

No.1453: A Spirit Before Dawn

It’s 8:30 AM now, and finally it has become light.

Yet, today will be cloudy and rainy all day long.

I’ll devote myself to studying composition theory, today too. Groningen, 08:40, Sunday, 12/2/2018

Recent Posts

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。