Recent Posts

3248. 不可避な哲学

October 27, 2018

思慮深さが足りないということは昔からよく思っていたことだが、ここ最近もますますそのようなことを自分に対して感じる。とりわけ、人間発達に関する実務経験を積むたびに、人間存在に関する哲学的な理解が欠けていることに気づく。

 

哲学に価値を見出せず、それを無用のものとみなすのは、おそらく実務経験を深く積んでいないからなのではないかと思う。実務経験を真摯に積んでいけば、必ず哲学的な問いとぶつかるはずである。おそらく哲学探究は、そうした問いとぶつかってから真に始まるものなのかもしれない。

 

先ほどの日記で書き留めていたように、心の闇を治癒することを盲目的に良いことだと信奉しているセラピストがいたら、そのセラピストはおそらく真摯に実務経験を積んでいないのではないかと疑ってしまう。

 

その個人や社会にとって害を及ぼすようなシャドーが何かを考える際に、「悪」という概念に対する問いは避けて通れないだろうし、究極的には「よき人間とは」という問いに必ず行き着くと思うのだ。仮にそうした問いに行き着かないのであれば、そのセラピストは浅薄な対人支援しか行っていないのだと思う。

 

これはコーチやコンサルタント、そして教師なども含め、あらゆる対人支援を行う実践者に当てはまるだろう。いや、哲学的な問いに行き着くというのは、対人支援に携わるものだけではなく、全ての領域の実践者に当てはまることだと思う。

 

ここ最近は、芸術教育と教育哲学に関する探究に力を入れているが、そこでは必ず、「芸術の価値とは何か?」という問いにぶつかり、「よき教育とは何か?」という問いとぶつかる。まさに後者に関しては教育哲学が取り扱うテーマであり、前者に関してもそれは哲学的な問いだと言える。

 

今は哲学の領域を拡大させることを控えているが、人間発達や教育に関して探究や実務を行えば行うほどに、倫理哲学や道徳哲学に関わる問いを考えざるをえないのではないかと思わされることがよくある。

 

今日読書を進める中で発見したのは、カリキュラム理論は、知ることや知識の本質を探究する認識論と密接に関係しているということだった。人間発達や教育に関係する哲学領域を挙げればきりがないが、これから長い年月をかけて、自分の哲学的な探究領域も少しずつ変化していくことをすでに予感している。まだ探究の準備の過程にいるのだが、そうした予感がすでにある。

 

今日はこれから就寝一時間前までの時間を使って、今読み進めている教育哲学に関する書籍を読み進めていく。今から読む章は、民主主義と資本主義の観点から教育を捉えていくもののようだ。

 

政治学、そして経済学も教育や人間発達を考える上で必要不可欠な学問領域であることをここに記しておく。ありとあらゆることを深めていくことは不可能だが、ありとあらゆることを自分なりに深めていくことなら可能だろう。フローニンゲン:2018/10/10(水)20:13

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。