Recent Posts

2924. 魂とパトスに共振する創造物

September 11, 2018

今日も本当に穏やかな時間が流れている。落ち着いた時間の流れと歩調を合わせるかのように、爽やかな風が流れていく。

 

八月を迎えて二日目になるが、今日もフローニンゲンは過ごしやすい気候だ。今日は久しぶりにシューベルトのピアノソナタを聴いている。合計で八時間ほどの曲集を一日中聴くことになるだろう。

 

早いもので、欧州での三年目の生活を迎えた。今から二年前の今日を思い出す。

 

新たな生活が始まったことによる高揚感のようなものが当時の自分にはあったかもしれない。また、未知のものに向かっていこうとする何とも言えない気持ちも持ち合わせていただろう。

 

今日に至る全ての思い出がとても懐かしく思える。今日からさらに一年ほどこの地での生活を続けていく。

 

今年一年もこの二年間に引き続き、自己の土地を豊かに耕すような経験を積み重ねていくにちがいない。

 

フローニンゲンのこの落ち着きには本当に感謝をする必要がある。日々の探究活動と創造活動がこれほどまでに着実に進んでいくのは、この土地の落ち着きによるところが大きい。

 

今後は本当に単に巨大なだけの都市に住まないようにする。そこに量的な圧倒感があったとしても、質的な充実感はないだろう。

 

とにかく私が求めているのは質的な豊かさであり、質的な充足感である。空虚な巨大都市で生活を営むことだけは何としても避けなければならない。

 

欧州での生活を始めてから、やはり自分は様々な変化を経験してきたのだと思う。そうした変化を生み出したものは、紛れもなく数多くの直接体験だと思う。

 

しかもそうした直接体験が、欧州という文化の総体の中でなされたものであるということが大きな意味を持っているように思えてくる。質的に豊かなものが堆積された欧州の地で毎日呼吸をしているという実感を得ると共に、それがどれほど自己を育んでくれているかについても思いを巡らせる。

 

結局、自らの身と存在を投げ入れて体験をしてみなければ見えないものや感じられないものがあるということ。それを身を以て知るきっかけを与えてくれているのがこの地での生活だ。

 

今日はこれから昼食までの時間を使って、テレマンに範を求める形で一曲作りたい。毎日様々な作曲家の曲を聴き、彼らが残した作品の楽譜を眺めていると、魂とパトスに染み渡る音楽をいかに作っていくか、そして魂とパトスの双方を揺さぶる音楽をいかに作っていくかの道について考えることを余儀なくされる。

 

毎日の生活の中で、言葉、音、絵の三つの表現手法を通じて創造活動を営むことが不可欠のものとなった。実際には、音楽のみならず、言葉にせよ、絵にせよ、その本質には魂やパトスと共振する何かがあるはずであるし、一人の人間の真の創造物は他者の魂やパトスと共鳴を起こすようなものだと最近よく思う。

 

そうした創造物を生み出すための道を探るためには、そもそも魂やパトスの性質について深く理解する必要があるのではないかと思うに至っている。その一つの道は引き続き人間発達に関する探究を進めていくことであり、意識の形而上学を含めた霊学的な探究を継続していくことにあるだろう。フローニンゲン:2018/8/2(木)11:12 

 

No.1194: One Purple Poem

 

I perceived a purple curved line and several small dark blue circles. 

 

The more I observe my inner senses and images, the more I become astonished by the mysterious nature and power of human inner world. Groningen, 07:31, Friday, 9/7/2018

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。