Recent Posts

2609. 船旅と宇宙旅行


今日も非常に天気が良い。時刻は夕方の四時を迎えた。フローニンゲンにおいてはこの時間帯が一番気温が高くなる。

確かに日差しは強いが、そこには凶暴さはない。それよりもむしろ、この時間帯の太陽はどこか祝福に満ちた光のように思える。

今日も午前中から、何かに取り憑かれたかのように書物を読んでいた。論文の提出を終える六月の半ばからは本格的にこうした生活を一年間送り続ける。

そしてそれはこの一年間のみならず、今後も継続していくだろう。こうした憑依性が自分のこれからの生活から失われることはないと思われる。

何かに憑依され、何かに帰依している感覚が内側にある。それを通じて残りの人生を生きて行くことになるであろうという直感めいたものがある。不思議なことを考え出す夕方だ。

もしかするとこれは、今朝方に見た印象に残る夢のせいかもしれない。早朝にこの夢についてはあれほどまでに文章を書き留めておいたのに、まだ夢の体験が完全に消化されていないかのようである。

一つの体験はそうやすやすと消化されるようなものではないということがわかる。じっくりと時間をかけ、省察を伴った形で緩やかに咀嚼されて行くようなものなのだ。

夢について書き留めてからも、幾分不思議な意識状態が続いていた。もしかすると今この瞬間もそうした意識状態にあるかもしれない。

雄弁でいて、とても静かな感覚が内側に広がっている。そうした感覚の中で今この瞬間を生きているという実感がある。

午後、読書の手を止めて、ふと船旅について考え始めた。昨年の暮れあたりに突如として船旅への憧れが強くなり、何かに目覚めたかのように船旅について時々思いを巡らせるようになった。

仮に今後日本に一時帰国する際には何とか船を使って欧州から戻れないかを調べていた。調べてみると、どうしても日本が発着地点になっていたり、欧州の国々の船旅しかないようだ。

欧州から片道で日本に行ける船旅は存在していないのだろうか。いずれにせよ、日本に一時帰国するしないに関わらず、今後数年以内に一度船旅に出かけてみたいと思う。

最初は期間の短い船旅で良いかもしれない。地球を一周するような長期間の船旅は、もう少し時を経て、諸々の準備ができてから行うことにする。

一度船旅を経験すると、もう飛行機での移動は極力控えるようになるかもしれない。家族でいつか船旅に出かけることを想像する。船上でのゆっくりとした時間の流れ。旅の途中途中に出会う人々と街。

少しばかり想像の世界の中に浸っていた。再び読書に戻り、数時間ほど書籍を読んでいると、今度は宇宙旅行について関心が飛んだ。

南カリフォルニアに住んでいた今から五年前のある日曜日に、アーバイン大学の図書館に向かって歩いている最中にふと、宇宙旅行に出かけてみようという気持ちになった。大学近くのショッピングモールと大学をつなぐ大きな歩道橋の上でそのような気持ちになったことを覚えている。

再度宇宙旅行について調べてみると、個人が参加できる宇宙旅行をいくつかのアメリカの企業が提供していることを知った。その案内資料に興味深く目を通していた。

船で世界を一周する旅と宇宙に出かけていく旅への想いが徐々に醸成されていく。それが真に発酵される時がやってくるためには、自分にできることを日々行っていくことが大切になるだろう。フローニンゲン:2018/5/24(木)16:29

No.1035: A Water Vessel

A new day that looks like a flow of transparent water began.

The sky is like the ocean, and it looks like a gigantic vessel of water. Groningen, 07:14, Thursday, 6/28/2018

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。