Recent Posts

1835. アルベルティ・バスの適用実験


時刻は午前八時を迎えようとしているが、辺りはまだ暗い。遠くの空がようやく青みがかかってきたが、この瞬間の世界を朝だとまだ形容しがたい。

家の前の通りを一台の車が走り去った時、師走の足音が迫ってきていることを伝えた。あと少しで12月となり、今年最後の月を迎える。

今年も日々多くのことを経験しながら生きてきた。一年間の大きな振り返りを今年の最後に行うかもしれないため、今はまだそうした振り返りをあえて行わないようにする。

いや、振り返りをしようと思ってする振り返りほど無意味なものはないため、私は年末に今年を振り返ることなどしないだろう。振り返りとは、そこに向かうものではなく、それがすでにこちらにやってきているものだと思うのだ。

つまり、振り返りをしようと思ってこちから振り返る対象に向かっていくようなものではなく、振り返る対象がこちらに向かってくる結果として生じるのが真の振り返りだろう。振り返ろうと思ってやる人工的な振り返りに何の意味があるのだろうか。

少なくとも私はそのような振り返りをしない。人工的な振り返りではなく、内発的・自発的な振り返りだけをする。

昨日の作曲実践を通じて、また少し様々なことが見えてきた。今回実験的に作っている曲では、ベース部分に古典派の時代に多く活用されていた「アルベルティ・バス」という技術を適用している。

過去にも何度かその技術を適用していたが、今回はより意図的にそれを活用し、アルベルティ・バスに含まれる様々なヴァリエーションを試している。この手法の由来について調べてみると、イタリアの作曲家のドメニコ・アルベルティが愛用したことがその由来らしい。

私はてっきりアルベルティが考案したからこのような名前が付いているのだと思っていたが、どうも早とちりだったようだ。いずれにせよ、今作っている曲ではアルベルティ・バスを意識的に多用している。

ただし、この手法をもう少しうまく活用できないかを模索していく必要が多分にある。そのヒントを掴むために、実際にこの手法を活用している生きた事例から学ぶ必要があるだろう。

この手法が古典派の時代に多く活用されたこともあり、ハイドンやモーツァルトの曲などを参考にするといいかもしれない。すると偶然にも、モーツァルトのピアノソナタ第16番の第一楽章の冒頭にこの手法が活用されていることを知った。

モーツァルトがどのような工夫を凝らしながらこの手法を活用したのかを分析したいと思う。その他にも、ベートーヴェンのピアノソナタ第18番の第一楽章やシューベルトのピアノソナタ第1番の第二楽章にもアルベルティ・バスが適用されているようなので、合わせて分析をしておきたいと思う。 この手法を用いながら、これは基本的に伴奏として用いられるものだが、ソプラノやアルトの部分に活用してみるとどうなるのかを実験したいと思う。もちろん、いくらヴァリエーションがあるとはいえ、その手法だけを活用していると、曲が単調なものになってしまうのは目に見えている。

そのため、何かしらの工夫を施して、この手法をソプラノやアルトの部分にも適用していく道を探っていきたい。今作っている曲を作り終えたら、その実験に着手したいと思う。

また、今回アルベルティ・バスを適用して伴奏部分から曲を作っているため、その伴奏に調和するようなメロディーをいくつか新しく作ってみたい。ここ最近の曲はどれも、メロディーから曲を作っていたが、今回はベース部分から作っていくという違いがある。

今回作ったベースに対して、どのようなメロディーが綺麗な音として聞こえるかを、自由な発想をしながら思い付く限り様々なパターンを見つけたいと思う。今後は実験的に、複数の変数が絡む数式を解く際のコツのように、メロディーもしくはベースの一方を固定し、もう片方のヴァリエーションを模索していくという実験を行ってみたい。

つまり、メロディーかベースの一方を過去に作ったものと同一のものを用いて、メロディーかベースのもう片方の可能性を模索していくということだ。毎回一から曲を創造する喜びもあるが、過去の曲を活用しながら実験的に新たな曲を作ることの中にも違った喜びがある。2017/11/28(火)08:20 No.480: Restful Soul

I hope that I can compose music someday that rests our souls.

What are the requirements to pacify our souls?

The key would exist in our perception of beauty.

Thus, I will begin to explore aesthetics. Aesthetics of music in particular would help me compose pacifying music for our souls. 20:08, Tuesday, 12/5/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)