Recent Posts

1727. 音楽の言語世界

November 14, 2017

昨日は、長丁場の試験を受けたこともあり、帰宅してからすぐに探究活動を再開するのは賢明でないように思われた。

 

活字を読み、そこから自分の言葉を紡ぎ出していく余力が残されておらず、夕方からは手を動かすことに重点がある仕事を行うことにした。その後、就寝前には、自己に休息を与え、休息の中で探究と創造を行うべく、作曲実践に時間を充てていた。

 

現在取り掛かっている曲を作る過程の中で、また次々と課題が見つかる状況に置かれている。それらの課題を全体として取り組もうとすると解決が非常に難しいため、部分に分解してそれぞれの課題に向き合っている。

 

そうしなければ、課題の全体に押しつぶされてしまいそうになるため、この方法は今の自分にとって大切なアプローチのようだ。分解された課題に対しては、作曲理論や音楽理論の専門書、そして過去の作曲家が残した楽譜を参考にしている。

 

焦ることなく、ゆっくりとひとつひとつの課題を乗り越えていくことは、学習や発達における肝である。昨夜も、作曲に関して自分が抱えている課題に真っ向から取り組もうとすると、それは全く手に負えるものではなかった。

 

今はまだ、一つ一つの小さな課題を着実に乗り越え、作曲理論の理解と作曲技術の確かな土台を形成していく時期だ。一方で、システム科学の古典的な考え方の中に、全体は部分の総和に還元することができない、という発想がある。

 

この発想を採用すると、実は私が今抱えている本質的な課題は、部分に分解していては決して解決されえないものなのだと知る。一方で、部分が解決されて行った後、再びそれらを全体に戻した後に、元の全体はどのような姿になるのだろうかという関心がある。

 

今この瞬間に抱えている全体としての問題は解決されなくても、それは部分としての問題が解決されていくのに応じて、新たな全体が生まれることによって、課題そのものが生まれ変わるような予感がしている。

 

全体が生み出す本質的な課題とは、もしかすると解決されるようなものではなく、新たな全体が生まれた際に、質的に別のものに変容を遂げていく類のものなのではないかとふと思う。

昨夜の作曲実践の最中に抱えていた課題を思い出すと、曲の流れと膨らみをいかに持たせるかということが課題だった。今はまだ、文章の執筆で言うところの、語彙に該当するモチーフを生み出すこともおぼつかない。

 

ましてや、複数のモチーフを関連づけてフレーズを生み出すことはさらに難しい。さらには、複数のフレーズを組み合わせ、音楽的に有意味な一つのパラグラフを作ることが極めて難題だ。

 

作曲を始めた頃には、音楽言語と自然言語の関係性を掴むことは全くできなかったが、今はその関係性がようやく見え始めている。音符は文字に該当し、モチーフは言葉に該当し、フレーズはセンテンスに該当する。

 

そのように考えてみると、これまでの私は、作曲に必要な文法を学ぶことにのみ焦点を当てており、語彙を獲得するという意識が希薄であったように思う。そのため、これからは語彙を豊かにしていくことを意識していく必要があるだろう。

 

自分の内側にあるものを曲として表現してくためには、それを形にしてくための音楽的な言葉が必要になる。そうした言葉を獲得していくことにこれからは意識を当てていく。

 

その際に、主要な方法は、やはり過去の作曲家が残した楽譜を参考にすることだろう。できれば、実際に曲を聴きながら、自分の関心を引くモチーフに着目し、それを楽譜で確認するということを行う。

 

おそらく、そうした確認作業をしただけでは、そのモチーフを自分の言葉として使うことはできないだろう。楽譜での確認作業までのステップは、言葉の意味を辞書で調べただけに過ぎない。

 

そこから重要になるのは、実際の曲という文脈の中でその言葉を使っていくことだ。つまり、楽譜によって確認したモチーフを、自分の曲の中で活用してみるという実践が不可欠となる。

 

自分の関心を引く優れたモチーフを、自分の中に徐々に蓄積していくという実践を行っていく。モチーフ一つ一つには固有の意味があり、意味は文脈の中で生起するものであるから、絶えず一つのフレーズやフレーズグループの中でその意味を掴んでいく。

 

そうすれば、モチーフ間の連関も見えてくるだろう。自分の内側で表現を待つものを、自由の曲として表現するまでには、まだまだ長い時間がかかるだろうが、一つ一つの歩みを着実に進めていきたい。

 

今日の作曲実践もその大切な一歩となる。2017/11/2(木)07:09

No.372: A Fulfilling Day
I will start today’s work with making a draft of an application document for a conference in London in 2018. 

 

I was supposed to finish it the day before yesterday, but I could not do it because of my other work.

 

I will focus on it in the morning, and I hope to complete it before lunch. 

 

After lunch, I will read some articles and engage in music composition. 

 

Today will be also a fulfilling day. 08:14, Sunday, 11/12/2017

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。