Recent Posts

1676. 沈みゆく夕日の中で


晴れ間を覗かせていた太陽が、西の空に沈みつつあるのを眺めている。夕方、突如として、天気雨がフローニンゲンの街に降り注いだ。

それは、天から地上にまっすぐに降り注ぐ雨であった。太陽の光が雨滴に反射し、美しい輝きを放っている。

強い風が吹くことなく、雨が天から地上にまっすぐに輝きながら降り注ぐ様子は、不思議な恍惚感を引き起こした。激しい雨が降り始めたのと同時に、私は思わず書斎の窓の方に駆け寄った。

何も考えることなく、雨の振る姿だけを見つめていた。雨の勢いが収まるまで、私はその場にいた。

雨が自分になることは不可能だが、自分が雨になることは可能だと思った。意識の性質について考えを巡らせたことがある人には、その意味がきっと伝わると思う。

雨は私たちになれない。だが、私たちは雨になれる。

フローニンゲンの西の空に沈んでいく夕日が、神々しい黄色い光を発している。赤紫の夕日ではなく、黄色く輝く夕日は、バッハの音楽のようである。 夕方の仕事がひと段落したため、ソファに腰掛けて、モーツァルトとシューベルトの楽譜を眺めていた。自分の作曲に参考になることは何かないか、という意識で楽譜を眺めていた。

参考にするべき箇所が無数にありすぎて、何から参考にして曲の中に反映していけばいいのかわからないぐらいである。しかし、モーツァルトやシューベルトであったとしても、始まりは他の作曲家たちと同じだったはずだ。

ひらがなを初めて学んだあの日のように、作曲実践を進めていきたい。アルファベットを初めて学んだあの日のように、作曲実践を進めていきたい。

ひらがなを初めて学んだあの日から全てが始まった。アルファベットを初めて学んだあの日から、今日に至るまでの全ての出来事がある。始まりの平等性に人は気づくだろうか。 作曲や音楽について少しずつ学びながら、少しずつ曲を作っていく。その過程はまさに、単語から初めて一つの文章を生み出したあの日のことを思い起こさせる。

文字を学び、文字で文章を初めて表現した時の記憶が、今、ありありと蘇る。現段階での作品の中に、多くの不備があり、それがいかに未成熟であっても一向に構わらない。

なぜなら、全ての作曲家は同様の道を辿ってきたと知っているからである。ここにもまた、一つの平等性が隠されていることに人は気づくだろうか。

何かが深まっていくことの中には、共通の道がある。そして、その共通の道の歩き方にその人の固有性が現れる。

一本の道の中に多様な道があり、多様な道の中に一本の道があるというのは、こういうことなのだ。 神々しい黄色い光を発していた太陽が、雲の中に隠れた。先ほどの眩いほどの輝きはもう見えない。

現象の一過性。音楽の創造過程においても、こうした現象の一過性が多分に含まれており、そして、それは大事にされるべきものなのではないかという考えが浮かぶ。

偉大な作曲家たちの作品を眺めて、つくづく感銘を受けるのは、現象の一過性を曲の中で具現化させながらも、それが一過性から永遠性に変容する点である。黄色く輝く美しい夕日を見た時の感覚は一過性のものでありながらも、それは永遠性に変容する種を持っている。

感覚それ自体はもう過ぎ去ってしまったものなのだが、その感覚の中には、消え去ることのない感覚が残っているのは確かなのだ。それは、感覚の中に本質的に潜む永遠の諸相と表現できるかもしれない。

今、そうした感覚を言葉として書き留めている過程の中で、その一過性の感覚がもはや自分の内側に永遠のものとして存在し始めているのを感じる。音楽にせよ、言葉にせよ、両者の表現形式には、この世界の一過性の現象を永遠に変える力が秘められているような気がしてならない。2017/10/21(土)18:10

No.321: Online Education & Music Education I determined to conduct research on MOOCs and music education next year.

I cannot choose either one of them. These two subjects attract my academic interest very much.

Since I have not conducted research on music, I will elaborate my research plan and start my research project next year on that topic.

It would be wise for me to focus on MOOCs this year. The research on MOOCs will cultivate my knowledge and skills of educational science, developmental science, systems science, and network science.

This experience will lead to the next research topic on music.

I cannot repress my motivation to conduct research on these two domains of education; online education and music education. 20:34, Tuesday, 10/24/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)