Recent Posts

1460. 日記についての所感と夏祭りの終わりから


午前中オンラインミーティングを行い、知人の方と話をする機会があった。日々の生活の中で他者と対話をするということは、多くの気づきを得るということに加え、自己と他者との共通点や相違点、さらには共時性を理解し、人間存在に対する認識をより深めることにつながると改めて思った。

対話の中で日記について話題が及び、もう一度自分の中で日記の存在意義と役割について考えを巡らせていた。その瞬間瞬間の自己の姿をまるでビデオカメラで録画するかのように絶えず文章を書いていたいという思い。思考や感覚を含めた意識の流れをその流れのまま記録していくような日記。

だが、そうした日記は実現不可能なだけではなく、ある問題を抱えていることに気づく。日々生きてく中で湧き上がる思考や感覚を全て捉えていくことが重要なのではなく、自分の人生の主題と関わる思考や感覚を厳選して文章の形で捉えていくことが重要だ。

人間の一生は、各人固有の人生の主題によって紡ぎ出される一つの尊い物語である。大切なのはその人の主題であって、その人を取り巻くありとあらゆる雑多なことではない。

人生の主題に関わる思考と感覚だけを文章の形で残していくことによって、それが結果的に大きな一つの物語になる。日記というのは、日々の雑多なことを書き留めるのではなく、自分を捉えて離さない主題を中心に据えることによって生まれる思考や感覚を書き留めていくためにあるのだと思う。

ミーティングが終わり、顔を上げて少しばかり書斎の窓の外を眺めていた。今日は穏やかな夏の一日であり、天気にも恵まれている。ぼんやりと景色を眺める中で、まだ足を踏み入れたことのない、息を呑むような絶景を持つ自然がこの世界にはたくさん存在することに気づき、この地球上で自然が美しい場所をいくつも訪れてみたいという思いが到来した。

自然の景観美の中で自然の恵みを感じ、その中で論文や日記を執筆したり、作曲をして暮らしたいという静かな思いに包まれる。いつかそうした日が来るかもしれない。 昼食前にノーダープラントソン公園にランニングに出かけた。北欧旅行の数日前以来なので久しぶりに走るということもあり、いつも以上にゆったりとしたペースで走っていた。

ノーダープラントソン公園に行くと、どうやら夏祭りが行われていたようであり、多くの人たちが屋台のセットを片付けているところに遭遇した。祭りという非日常が終わり、静かな日常が再び始まる。

そこで私が見たのは、非日常と日常の境目にあるなんとも言えない哀愁の漂う光景だった。祭りが終わったことにより、確かに何かが終わったのだという感覚と、しかしそれでも終わらないものがあるという感覚の二つを感じていた。

公園を抜けて、そのまま行きつけのインドネシアンレストランに立ち寄った。いつも通りのランチメニューを注文しようとしたところ、店の奥から可愛らしい小さな女の子が顔を覗かせた。

店主曰く、彼女の孫なのだそうだ。まだ二歳とのこともあって言葉はそれほど喋れない様子だったが、彼女の笑顔は言葉以上のことを私に伝えていた。その小さな女の子と店主に別れを告げて、店を出た時、私の気持ちはとても明るかった。

もう少しで夏が終わり、秋がやってくる。夏が終わったとしても終わらぬものを内側に抱えながら、今日からまた一日一日を過ごしていきたいと思う。2017/8/22(火)

No.106: Qualia of Words Every word possesses unique qualia. Qualia are qualities perceived or experienced by us. For instance, when we look at a red object, we can feel its redness.

Similarly, all words encapsulate idiosyncratic qualia. I feel that quail hold not only types but also dimensions.

Dimensions represent the depth of the qualities of words. When we think about “happiness,” each of us will have different quail of the word of happiness.

All words inherently contain an infinite number of layers of qualia. If we neglect the rich dimensions of qualia of words, our words will walk alone in a superficial way. Monday, 8/28/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。