Recent Posts

1218. 夢とエジプト


昨日は様々なことを考えさせられるような一日だった。ここでは、その一つ一つを取り上げることをしない。

というのも、それらの一つ一つが、自分の内側を真に通過し、大きなまとまりとしての言葉になっていないからである。それらが大きなまとまりとしての言葉の形になるには、しばらくの熟成期間が必要だろう。 今朝起床してみると、七月に入ろうかという時期を迎えているにもかかわらず、その寒さに少しばかり驚いた。昨夜は、寝室の窓もドアも閉めて就寝していたはずなのだが、室内の気温が下がり、寒さを感じさせる形で今朝は目覚めた。

まとわりつく寒さと共に、昨夜の夢の印象が私を捉えていた。夢の中で私は、父から一通のメールをもらった。

そのメールは、全て英語で書かれており、何やら日記の書き方に関する内容だった。具体的には、日記の中で、他の研究者や学者の発言や仕事に言及する際には、学術論文の引用形式を採用するべきではないか、というものだった。

なぜ父がこのような内容について、しかも英語でメールをしてきたのかは定かではない。だが、間違いないのは、その文体は父のそれであり、英語の節々から父の言葉であることが明確に伝わってきたということだった。

改めて考えてみると、日本語と英語に関係なく、このように、その人の文章から人となりが明確に分かるというのは、非常に興味深いことだと思った。あの英語を書けるのは、父しかおらず、そこには文体とその人物との完全な一致があった。

ここに、その人の存在とその人が発する言葉との一致、特にその人の文章と存在が見事なまでに一致する姿を見たのである。文章の巧拙とは関係なく、一人の人間の文章は、欺くことができないほどにその人を表すということを見て取った。

そのようなことをまず思っていた。次に、日記における引用形式についてであるが、これは学術論文のような形で厳格に示す必要はないであろう、ということを思っていた。

それをしてしまうと、もはや日記の体をなさないだろうし、書き手も読み手も、あまりに形式ばった姿に嫌気がさしてしまうだろう。そのようなことを思いながら、受け取ったメールの最後の文章を読み終えた。

そこで目が覚めると、父の英文メールに込められていた存在感のようなものが、依然として自分の内側に残っていた。文体には存在が宿り、それはどこか別の世界に刻印された、永遠に消えることがないもののように思えた。 起床直後、書斎に向かった私は、すぐに音楽をかけ始めた。昨日、上の階に住むピアニストの友人に勧めてもらったサン=サーンスのピアノ協奏曲第5番「エジプト風」を聴く。

それは、先日訪れたライデンの古代エジプトの印象を思い起こすには十分な曲であり、そこでの印象をより強く喚起させるような曲であった。エジプトに足を運ぶ日が、刻一刻と近づいているのを感じる。2017/6/26

Recent Posts

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。