top of page

10680-10683: フローニンゲンからの便り 2023年8月3日(木)



その他のカリンバ即興演奏曲はこちらからご視聴いただけます。

8617個のピアノ曲・箏曲の全ての楽曲はこちらのMuseScore上で公開しています。


下記のアートギャラリー(Instagram)より、本日のアート作品(3つ)の閲覧·共有·ダウンロードをご自由に行っていただけます。


成人発達理論とインテグラル理論を楽しく学んでいただける「成人発達コラボラジオ」を2023年7月14日より始めました。

タイトル一覧

10680. 今朝方の夢

10681. 今朝方の夢の続き

10682. 科学と宗教を架橋する神経神学

10683. 創意工夫を凝らしたトレーニングを楽しんで


10680. 今朝方の夢


時刻は午前7時を迎えた。今の室温はかなり低くなっており、冬の時代の格好と同じ姿でいる。外気は16度と低い。今日は午後に小雨が降るようなので、ジムに行く際には折り畳み傘を持っていこうと思う。


今朝方はいくつかの断片的な夢を見ていた。覚えているものから順番に書き留めておこう。


夢の中で私は、中学校時代の部活のメンバーと一緒にバスケの新人戦に挑むことになっていた。初戦の相手は強豪校で、試合前には随分と緊張があったが、いざコートの上に立つと不思議と緊張が消えていった。そこではもはや自分にできるプレーをするしかないと吹っ切れた感じがあった。最初のジャンプボールはいつも担当しているセンターの友人ではなく、フォワードの友人が担当することになった。彼はジャンプ力があったので、きっと競り勝つであろうと思ったので、彼に事前にどの方向にボールを落として欲しいかを伝えておいた。


いざジャンプボールが放たれると、彼は見事に打ち合わせ通りのところにボールを落としてくれた。それを自分が拾い、こちらの攻撃からゲームが開始された。すると驚いたことに、自分のマッチアップする相手はバスケの神様と称えられるマイケル·ジョーダンだった。彼は腰を落として激しいディフェンスをしてきたので、ボールを運のが相当に難しかった。しかし仲間のスクリーンプレーのおかげでマークを外し、ゴール前まで行ってレイアップシュートを放とうとしたら、ジョーダンにブロックされそうになり、すかさずパスに切り替えた。友人がそのパスを受け取ってシュートに行こうとしたら、そのシュートを再びジョーダンがブロックし、相手の攻撃となった。そこで場面が変わった。


もう1つ覚えているのは、小中学校時代を過ごした地元の街を歩いている場面である。山側が見える道を歩いていると、不思議と通りにはオランダ人が多く、工事現場に到着した時には、そこでもオランダ人が働いていたので驚いた。というよりも、辺りには日本人はひとりもいなかったように思えたのである。道の真ん中で工事が行われていたので、その様子を少し見てから再び歩き始めると、今度は道を下に掘って、泥遊びをしているかのようなオランダ人女性がいた。その女性は少し年配の方で、私がその場を通り過ぎていこうとすると、声を掛けてきた。その方は、「泥に塗れることも時には大事だよ」というような言葉を私に投げ掛けた。その言葉はどこか意味深長で、色々と考えさせられた。その言葉の意味をあれこれと考えていると、いつの間にか夢の場面が変わっていた。フローニンゲン:2023/8/3(木)07:30


10681. 今朝方の夢の続き


時刻は午前8時半を迎えようとしている。鳩がホーホーと鳴いている声が遠くの方からする。今朝は朝日を拝むことができ、薄い雲を通り抜けてほのかな朝日が地上に降り注いでいる。


先日注文した19冊の書籍のうち、昨日11冊が届けられた。隣人のマークが書籍を受け取ってくれていて、夕食後にマークの家に行き、玄関越しに立ち話をした。マークの人生に色々と変化があったらしく、その話をした後に、夏の旅行計画についても話を聞いた。マークは友達たちと南フランスに行ってサーフィンをしに行くようである。しばらく雑談をして、11冊の書籍を自宅に運んだ。そのような昨日の夕方の記憶を思い出す。


この日記を書き終えたら早速届けられた書籍の初読を行なっていきたい。分野は多岐に渡るので、飽きることなく楽しみながらそれぞれの書籍を読み進めていけるだろう。その前に今朝方の夢の続きを振り返っておきたい。


夢の中で私は、母方の祖母のマンションの部屋にいた。辺りは暗くなっており、時刻は夜だった。しかし夜遅いというわけではなく、夕食後ぐらいの時間帯だった。どういうわけか祖母の家には見慣れない男性がひとり滞在していた。祖母はその男性が困っていたから宿泊させているとのことだったが、その男性はとても寡黙で、言葉を全く交わさないことから素性が全くわからなかった。しばらくすると、突然その男性が暴れ出し、室内は大変なことになった。家具や食器などを壊しながらその男性はリビングで暴れていて、彼を止めようとすると、巨大な殺虫剤のようなものをこちらに吹きかけてきた。私はなんとかそれをかわしたが、引き続きその男性は殺虫剤のようなものをレイザー光線のように放ちながら、玄関から外に出て行った。荒れ果てた家の中で祖母と母と私は呆然としていた。私は彼を止めるためにジークンドーの技を使おうと一瞬考えていたが、それを実行に移すことなく、彼には好きなようにさせて外に出させた。ふと我に返り、彼がどこに向かったのかが気になり外に出た。どうやら階段から下の方に降りて行ったようであり、私は階段を逆に上がって行き、エレベーターを使って先回りして下に向かおうとした。祖母と母は追いかける必要はないと私に述べていたが、私は彼を追いかけないといけないような気がしたので、1人でエレベーターに向かっていくことにした。そこで夢から覚めた。フローニンゲン:2023/8/3(木)08:31


10682. 科学と宗教を架橋する神経神学


時刻は午後1時半を迎えた。天気予報が良い方向に外れ、今は青空が広がっている。確かに午前中には瞬間的に激しい雨が降ったが、それも短い時間のことであり、雨が止むと晴れ間が広がってきた。天気予報を改めて確認すると、今日はどうやらもう雨は降らないようなので、ジムには折り畳み傘を持って必要はなさそうだ。


午前中の読書を振り返っている。午前中には、神経神学(neurotheology)という興味深い分野に関する書籍を含め、3冊ほどの書籍の初読を終えた。神経神学について言えば、これは科学と宗教を架橋する学問分野であり、マインドアップロードの研究やサイケデリックと宗教体験に関する研究にも有益な学問分野だ思った。


哲学はリアリティの記述に焦点を当て、神学は究極的関心に焦点を当てているというティリックの考え方を参考にすると、前者は科学と同じことを試みようとしていることがわかる。神経神学は科学·哲学と神学をつなぐ分野だということが見えてくる。そこからさらに、この分野の応用について考えていると、言霊と脳内現象の研究にも活用できる枠組みだというアイデアが降ってきた。19冊注文した書籍のうち、もう1冊神経神学に関する書籍があるので、それが届き次第、速やかにそちらの書籍にも目を通そう。


経済学は現代における神学であり、物象化の科学でもある。そんな考え方に数日前に出会った。ここでも神学が鍵となる。経済神学という学問分野やマネー進学という学問分野があるように、神学のレンズで経済やマネーを探究していくことを引き続き行なっていこう。


それでは今からメタ倫理学に関する書籍の初読を始め、切りの良いところでジムに行って筋力トレーニングに励み、リフレッシュしてこようと思う。フローニンゲン:2023/8/3(木)13:48


10683. 創意工夫を凝らしたトレーニングを楽しんで


時刻は午後5時を迎えた。今、空には少し雨雲らしきものがかかっているが、雨は降っていない。幸いにも雨が降る前にジムから戻ってくることができた。ジムに行く際には太陽の姿も拝めたので大変気持ち良かった。


今日のジムでの自主トレーニングを振り返ってみると、まずはジークンドーの鍛錬をするべくトレーニングルームとは違う部屋に入って、そこで1人でシャドースパーリングを行なっていた。前回のトレーニングを受けて、今回からはシャドースパーリングの後にHIITの動きを取り入れ、再びスパーリングをするということを3セット繰り返した。最後に反復横跳びの動作を2セットほど行い、その間にサンドバッグに対して1分間ほど集中して様々な打撃を加えることを行った。これらの一連のメニューは心肺機能を鍛えることにもうってつけであり、前回のトレーニングでも回数は違えど似たようなことを行っていて、その成果が早速今日現れていた。端的にはインターバルでの回復速度が向上しており、スタミナの向上も早速見られた。相当早く成果が現れたわけだが、ここから色々な工夫を凝らしてこのメニューを行なっていけば、さらに心肺機能が強化され、スタミナが増強されるに違いない。


そこからトレーニングルームに行って、各種器具やバランスボールやバランスボードなどの器具を用いながら創意工夫を凝らしたトレーニングを行なっていった。それらのトレーニングの大半は、パーソナルトレーナーのエリーザのアイデアに拠るところが大きい。彼女のアイデアを自分なりにアレンジし、難易度や負荷量に工夫を凝らしてトレーニングをすることはとても楽しく感じられた。筋力トレーニングは工夫次第で実に様々な領域の鍛錬になる。それはマインドの鍛錬にもなるし、霊性の鍛錬にもなる。さらには創造性の鍛錬にもなることを強く実感した。正直なところ、ジムの大半の人たちとはトレーニングの仕方が随分と異なり、非常にユニークなことを行っているように思えるが、それもまた個性である。各種の筋力トレーニングのメニューを1セット行うごとにジークンドーの動作に落とし込むように、ジークンドーの動きを繰り出すことなどは一例である。今後も毎回のトレーニングを工夫し、楽しみながら各種の進歩を感じたい。フローニンゲン:2023/8/3(木)17:13

Comments


過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

bottom of page