top of page

7579-7581: フローニンゲンからの便り 2021年12月24(金)



No.3073 内的宇宙(その1)_An Inner Universe (Part 1)


本日の散文詩(prose poetry)& 自由詩(free verse)

No.1120, A Path to Enlightenment

Just take a deep breath.

It is a great path to enlightenment.

Groningen; 14:24, 12/24/2021

No.1121, Breathing and Living

Natural breathing is key to authentic living.

Everything should start with deep breathing.

Groningen; 17:36, 12/24/2021


下記のアートギャラリーより、本日のその他の作品(4つ:コメント付き)の閲覧·共有·ダウンロードをご自由に行っていただけます。

本日の3曲


全ての楽曲はこちらのMuseScore上で公開しています。

楽曲の一部はこちらのYoutubeチャンネルで公開しています。

タイトル一覧

7579. 今朝方の夢

7580. システマ:自宅トレーニング2(12/24/2021) 肺の健康を促進する呼吸法

7581. 探究と実践の新たな方向性


7579. 今朝方の夢


時刻は午前8時半を迎えた。昨日は雨が降っていて、今も小雨が降っているおかげか、今朝は気温が比較的高い。今降っている小雨は午後には止むとのことだ。


今の時間帯が一番気温が高く、8度ほどあるが、ここからは気温が右肩下がりに下がっていき、深夜にはマイナス6度となる。明日に至っては深夜から朝方にかけてマイナス7度となり、日中もマイナス2度までしか気温が上がらないようだ。


本格的な冬の到来を感じながら、それがやって来たことを密かに喜んでいる自分がいる。らしさを見出し、らしさを感じること。今はまさに冬らしさが表れていて、それを感じられることが嬉しいのだ。


今朝方はいくつか興味深い夢の場面があった。1つには、多種多様な霊的残像を見るというものがあった。夢の世界はうっすらと白く色づいていて、そこに何かの残像が浮かび上がってきたのである。


それを私は直感的に「霊的残像」だと思った。心的残像ではなく、それは「神的」であり、「霊的」なものであった。心的なものと神的·霊的なものの差異は直感的にわかるものである。


夢の中の自分はその差異を正確に理解していた。しばらく多種多様な霊的残像を眺めていると、それは浮かび上がったり消えたりを繰り返しながら、自分をどこかに導いているように感じた。


霊的残像が立ち現れては消えていく様子を眺めていると、それが道のようなものを作っているように感じたのである。私はその道を辿っていこうと思った。すると夢の場面が変わった。


もう1つ覚えていることとしては、元サッカー日本代表の選手たちと談笑をしていたことである。彼らは黄金世代と呼ばれる年代の選手たちであり、彼らの活躍をずっと見ていた自分にしてみれば、彼らと話ができることはとても嬉しいことだった。


談笑をしていると、彼らの過去のプレーのハイライトシーンが突如空間に映し出された。それを見ながら話がさらに盛り上がり、非常に楽しい時間を過ごしていた。そのような夢を見ていた。


いよいよロヴァニエミ旅行の出発の日まであと4日となった。ロヴァニエミの旅行最中はは作曲実践に時間を多く充てたいという思いが昨日やってきた。


何か楽譜を持参するか、ハーモニーに関する理論書を1冊持っていこうと思う。それらを参考にしながら曲作りに励みたい。


きっと旅行中に生まれる曲は、普段の生活の中で生まれるものとまた違うものになるだろう。それがまた楽しみだ。フローニンゲン:2021/12/24(金)08:53


7580. システマ:自宅トレーニング2(12/24/2021) 肺の健康を促進する呼吸法


時刻は午後3時を迎えた。つい今し方、システマの自宅トレーニングを終えた。


今日は、肺の健康を促進する呼吸法のエクササイズを行った。システマ ·トロント本部の動画を視聴しながら、およそ50分ほどのトレーニングを行い、今は心身がリフレッシュされていてとても心地良い。


呼吸法のエクササイズであれば毎日行うことができ、朝の活動前や日中の活動の合間などに行うことによって心身がリフレッシュされるであろう。動画の説明を聞いている最中は股関節や肩甲骨の動的ストレッチを行っていたこともあり、50分で随分と体が軽くなったような気がする。明日もまた何かしらの動画を見ながらシステマのトレーニングを行おうと思う。


昨日、友人のメルヴィンから美容室が閉店になったことを受けて、今朝方オランダ政府のコロナの通達を見たところ、1/14までハードロックダウンが施行されるそうだ。これは昨年もあったことであり、ハードロックダウンされていても旅行には行けるので28日からの旅行には対して支障がない。


むしろ空港は空いているであろうから好都合だと言えるかもしれない。出発前に、一応空港のラウンジがやっているかを確認しておこう。


今ざっとラウンジの情報を確認したところ、幸いにもラウンジはやっているようなので、当日は余裕を持って空港に到着し、ラウンジでくつろごうと思う。


午前中にふと、システマの背後にあるロシア正教の思想と、合気道の背後にある大本教の思想について関心を持った。そこから、同じくマーシャル·アーツである太極拳の背後にある道教の思想にも関心を思った。


それらの思想の細部にわたって理解していくことはそれこそ膨大な時間がかかるであろうから、まずはマーシャル·アーツと紐付く発想について探究をしていきたいと思う。ひょっとしたらこれはテクノロジー神学やマネー神学の探究よりも優先されるべきものかと思った。


このテーマであれば実践的な神学校において十分に研究できるものなのではないかと思ったのである。実際にそれらのマーシャル·アーツを行いながら、同時に思想的かつ歴史的な探究をしていくことによって、それらの術理をより深く会得できるのではないかと期待する。


合気道についてはロサンゼルス時代に道場に通っていて、そのときにいくつか思想的な書物を購入している。今度一時帰国した際には、実家に置いてあるそれらの書籍を持って帰ろうと思う。


また、上述のテーマの研究にする学術書をいくつか購入したい。また新しい探究テーマが見つかったことを心より嬉しく思う。フローニンゲン:2021/12/24(金)15:28


7581. 探究と実践の新たな方向性


時刻は午後8時半を迎えた。今日の日中は比較的暖かかったが、ここから気温はどんどんと下がり、明日の朝はマイナス7度まで気温が下がる。この日記を書いたら入浴をし、体を暖かくして眠りにつきたい。


ここ最近は呼吸と動的ストレッチを毎日意識して行っているのだが、それらによって、ここまで心身が楽になるとは思ってもいなかった。これは多くの人に共有したい体験である。


呼吸と動的ストレッチ以外には、自分の身体の内側をスキャンするような感覚で、緊張やエネルギーの滞りの箇所を見つけ、呼吸と共にそれらを解きほぐしていくことを意識して行っている。


昔街に出かけた際によく、人々の話を聞きながら発達測定トレーニングをしていたのと同じく、街に出かけて人々を見て、彼らの身体のどこにどのような緊張やエネルギーの滞りがあるかを分析していくことを絶えず行ってみよう。そうすれば、診断技術が自ずから高まっていくはずである。


夕方にふと、現代人の癒しにつながるような研究と実践に従事したいという思いを改めて持った。この関心事項は形を変えて過去も何回かやって来ている。


癒しに直接携わる前に、現代人の心身が病んでしまっているメカニズムを特定しなければならない。その際に、ポール·ティリッヒのような現代社会の問題に関心のあった神学者の思想を通じて、現代人の心身を蝕む現代の思想的·制度的な病理を特定していく。その際には、テクノロジー哲学やマネー哲学の観点も参考になるだろう。


なるほど、自分がテクノロジーやマネーに関する探究を始めていたのはこのためだったのだ。それら単体で探究をするのではなく、現代人の癒しという大きな目的のもとにそれらの探究を進めていく。しかもそれは、病理を生み出すメカニズムの特定という目的を持つ。


現代人の心身を蝕むマトリックス世界の特徴を炙り出した上で、マーシャル·アーツの思想と実践がどのような貢献を果たしうるのかを考察していく道が見え始めている。マーシャル·アーツの思想については神学や宗教学の観点から探究を進め、マーシャル·アーツが持つヒーリング作用については身体心理学や脳科学の観点を参考にするのが良いだろう。


護身術を実践し始めたおかげで、これからの探究と実践の新たな方向性が明瞭なものとなり、ここからの歩みが一段と力強いものになっていく気がしている。明日も早く起きて探究と実践に時間を捧げたい。


自分の活力がまた一段と高まっているのを感じる。それに感謝をしながら明日を迎えよう。フローニンゲン:2021/12/24(金)20:45

ความคิดเห็น


過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

bottom of page