top of page

7200-7201: フローニンゲンからの便り 2021年8月2日(火)



No.2546 浮遊物_Something Floating


本日の散文詩(prose poetry)& 自由詩(free verse)

No.795, The World

The morning world is shining like a gem.

This world could be made of jewels.

Groningen; 07:40, 8/2/2021


No.796, My Life

Where does my life go?

Neither I nor anybody knows.

Nevertheless, my life certainly goes somewhere.

Groningen; 20:52, 8/2/2021


下記のアートギャラリーより、本日のその他の作品(4つ:コメント付き)の閲覧·共有·ダウンロードをご自由に行っていただけます。

本日の3曲


全ての楽曲はこちらのMuseScore上で公開しています。

楽曲の一部はこちらのYoutubeチャンネルで公開しています。

タイトル一覧

7200. 今朝方の夢

7201. 昨日に続く書籍の一括注文


7200. 今朝方の夢


時刻は午前7時を迎えた。空には雲1つなく、朝日が地上に降り注いでいる。


今日の気温はとても低く、最高気温は18度、最低気温は9度である。涼しげな夏がゆっくりと進行している。自分もまたこの進行に歩みを合わせて進んでいくだけだ。いや、自分なりの歩みがあるだろう。


自分の歩みと季節の歩みはきっとどこかでシンクロするはずなのだ。そのシンクロ地点に出会うことができれば、自分の歩みはより自然なものになるだろう。


今朝方は印象的な夢を見ていた。起床直前の夢が一番印象に残っているが、その前にも何か夢を見ていた。その夢の中では、見知らぬ若い女性と何かについて話をしていたように思う。


場所はどこだっただろうか。近未来の日本のどこかの街の建物の中だったか。その建物の1階の応接間のようなところでその女性を話をしていた。


この夢の前にもさらに別の夢を見ていたことを思い出す。その夢の中では、小中高時代の2人の友人(NK & HY)が現れ、彼らと話をしていた。


2人ともすでに結婚をしているので、2人の奥さんの話を少し聞いていたように思う。そこから少し外が騒がしくなり、何かと思って外を見たら、目の前に大きなサッカースタジアムがあり、今から重要な試合が始まるようだった。会場にゾロゾロと人が集まってくる姿を私はぼんやりと眺めていた。


最後の夢の場面では、これまた近未来の日本のどこかの街のようだった。建物は密集しているのだが、日本も少しは都市計画における景観美を考慮に入れ始めたのか、その街の外観は醜くはなかった。近代的な建物が立ち並んでいる光景に無機質感はなく、むしろ幾分優しさを感じさせるような景観だった。


私は巨大な建物の中にいて、その高層階の一室にいた。その部屋の中には私の他に2人の見知らぬ女性がいた。すると、部屋に1人の男性が入ってきた。彼は鍛錬された肉体を持つ特殊部隊の人間のようだった。


なぜ彼がその部屋に入ってきたのかすぐに理解できなかったが、彼は説明もそこそこにスナイパーライフルを取り出し、それを組み立てながら、私たちに事情を説明した。こちらの建物と同じぐらいの大きさの反対側の建物の一室に、サイバーテロの実行犯がいるらしく、今からその人物を射撃するとのことだった。


私は直感的に、その実行犯は決して悪人ではなく、むしろサイバーテロを仕掛けることによってこの社会に警鐘を鳴らす良き人物だと思った。そのため、そのスナイパーがライフルの銃口を実行犯に向け、レーザーが実行犯に当たった瞬間に、私はそのスナイパーにタックルをした。


スナイパーは球を発したが、それは実行犯を外れ、実行犯が持っていたパソコンに命中した。その実行犯はスナイパーから狙われていることを知っていたらしく、球が発射されるその直前に、テロ攻撃の実行コマンドを入力し終えていて、パソコンが破壊されても問題ないようだった。


それらは全て一瞬の出来事であり、コマンドが入力された途端に、実行犯がいる側の建物が崩れ始めた。その崩れ方は美しく、誰も人が死なないような崩れ方をしていた。


もちろん、中にいる人たちはそのようなことを知らず、悲鳴を上げていたが、しばらくすると建物の崩壊は止まった。すると、建物のてっぺんから巨大な梯子がいくつも降りてきて、人々は恐る恐る超高層ビルの屋上からその梯子を伝って下に降り始めた。そのような夢を見ていた。フローニンゲン:2021/8/2(月)07:37


7201. 昨日に続く書籍の一括注文


時刻は午後4時半を迎えた。先ほど近所のスーパーに買い物に出かけてきた。


昨日に引き続き、今日も書籍の注文を行っていた。午前中から買い物に出かけるまでに書籍の再吟味を行い、今日は合計で71冊の学術書を購入した。


昨日に130冊ほど注文したので、この2日間で200冊ほどの書籍を購入したことになる。今回購入した書物はどれも数回ほど読み込んでいくに値する書籍であり、これから書物が届き次第ゆっくりと内容を咀嚼していこうと思う。


今回の一括注文により、しばらくは書籍を一括注文しなくて済むのではないかと思う。今後良書に出会えばまたリストに記録しておき、どこかのタイミングで一括注文をしよう。


午前中にふと、詩や音楽の創作は引き続き行っていくが、今は少し詩集や音楽理論書から離れていることについて考えていた。今後またどこかのタイミングでそれらの探究に向かう時がやって来るだろう。時が熟すのを待ちながら、今の自分の関心を深めていこうと思った次第である。


備忘録がてら、本日購入した71冊の書籍のタイトルを下記に記しておく。


1. Technological Slavery

2. Anti-Tech Revolution: Why and How

3. Industrial Society and Its Future: Unabomber Manifesto

4. The Technological Society

5. The Technological System

6. Technics and Civilization

7. Technics and Human Development: The Myth of the Machine

8. Pentagon of Power: The Myth of the Machine

9.Theology and the Political: The New Debate

10. Credit and Faith

11. Economic Theology: Credit and Faith II

12. The Cambridge Companion to Christian Political Theology

13. Money Can Heal: Evolving Our Consciousness. The Story of RSF and it's Innovations in Social Finance

14. Psychopolitics: Neoliberalism and New Technologies of Power

15. Critical Theory and the Digital

16. Exceptional Technologies: A Continental Philosophy of Technology

17. Originary Technicity: The Theory of Technology from Marx to Derrida

18. Karl Marx on Technology and Alienation

19. Autonomous Technology: Technics-Out-Of-Control as a Theme in Political Thought

20. The Will to Technology and the Culture of Nihilism: Heidegger, Marx, Nietzsche (Digital Futures)

21. Nihilism of Technology

22. The Techno-Human Condition (The MIT Press)

23. Confronting Mass Democracy and Industrial Technology: Political and Social Theory from Nietzsche to Habermas

24. Marx and Digital Machines: Alienation, Technology, Capitalism

25. Capitalism and the Death Drive

26. Digital Labour and Karl Marx

27. Automation and Autonomy: Labour, Capital and Machines in the Artificial Intelligence Industry (Marx, Engels, and Marxisms)

28. Divine Economy: Theology and the Market

29. Split Economy, The: Saint Paul Goes to Wall Street

30. Economics in Spirit and Truth: A Moral Philosophy of Finance

31. Spaces of Capital: Towards a Critical Geography

32. Seventeen Contradictions and the End of Capitalism

33. Marx, Capital and the Madness of Economic Reason

34. The Anti-Capitalist Chronicles

35. The Limits to Capital

36. Crypto Anarchy, Cyberstates, and Pirate Utopias

37. Cryptocommunism

38. Captivating Technology: Race, Carceral Technoscience, and Liberatory Imagination in Everyday Life

39. Thinking through Technology: The Path between Engineering and Philosophy

40. Philosophy of Technology: The Technological Condition: An Anthology

41. Heidegger on Ontotheology: Technology and the Politics of Education

42. Narrating Evil: A Postmetaphysical Theory of Reflective Judgment

43. Pathologies of Reason: On the Legacy of Critical Theory

44. The Scandal of Reason: A Critical Theory of Political Judgment

45. Media of Reason: A Theory of Rationality

46. Social Acceleration: A New Theory of Modernity

47. Alienation (New Directions in Critical Theory)

48. The End of Progress: Decolonizing the Normative Foundations of Critical Theory

49. Esoteric Hollywood: Sex, Cults & Symbols in Film

50. Esoteric Hollywood II: More Sex, Cults & Symbols in Film

51. Civilization and Its Discontents

52. The Secret Teachers of the Western World

53. Theosemiotic: Religion, Reading, and the Gift of Meaning

54. Symbolic Exchange and Death

55. The Žižek Dictionary

56. Marxism and Realism: A Materialistic Application of Realism in the Social Sciences

57. The Emotional Logic of Capitalism: What Progressives Have Missed

58. Critical Theory and Social Transformation: Crises of the Present and Future Possibilities

59. Infinite Mobilization

60. After God

61. Neither Sun nor Death

62. Pathology Of Normalcy

63. The Sane Society

64. On Disobedience: Why Freedom Means Saying "No" to Power

65. To Have or To Be?

66. The Art of Being

67. Inventing our Selves: Psychology, Power, and Personhood

68. The Politics of Life Itself: Biomedicine, Power, and Subjectivity in the Twenty-First Century

69. Our Psychiatric Future

70. Governing the Soul: The Shaping of the Private Self

71. Neuro: The New Brain Sciences and the Management of the Mind

フローニンゲン:2021/8/2(月)16:48

Comments


過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

bottom of page