Recent Posts

6390-6391: アートの国オランダからの便り 2020年11月8日(日)



No.1538 宿命_A Destiny

本日の言葉

A fundamental problem is that we have the expectation that there shouldn’t be any pain; and that when there is, something has gone wrong. Ajahn Thanasanti


下記のアートギャラリーより、本日のその他の作品(2つ:コメント付き)の閲覧·共有·ダウンロードをご自由に行っていただけます。

アート・ギャラリー

本日生まれた10曲

本日生まれた曲はこちらのMuseScore上で公開しています。

本日生まれた曲はこちらのYoutubeチャンネルで公開しています。

タイトル一覧

6390. 記憶/クリムト/浪曲

6391. 断食を終えて


6390. 記憶/クリムト/浪曲


時刻は午前4時半を迎えようとしている。開かれた書斎の窓から、1羽の小鳥の鳴き声が聞こえてきた。

外はまだ真っ暗であり、日の出は午前7時半頃であるから、あと3時間ほどの時間がある。日の出までの時間に随分と多くの取り組みができるだろう。絵を描き、曲を作り、読書をする時間が十分にある。

日が昇ったら、今日もまた何か映画やドキュメンタリーを見ていこうと思う。昨日、『砂の器』を見終えた後に、パソコンの画面上に、次のお勧めとして『ビルマの竪琴』が表示された。

表示されたのは1956年に制作されたものだった。1985年に制作された作品の方の主演は、石坂浩二さんや中井貴一さんであり、こちらの作品は思い入れがある。

幼稚園か小学校低学年の時に、母方の祖母の家に遊びに行き、ある夜、この作品を祖母と一緒に見ていた記憶がふと蘇ってきた。それを見ていたのは、リビングでも、私が寝ていた畳部屋でもなく、現在叔父が使っている祖母の部屋だった。そんな思い出が蘇り、再びこの作品を見てみようと思った。

何らかの理論を学んだ後、はたまた映画や芸術作品を鑑賞した後に、それを体験した前後では日常や世界が違って見えることがある。それが真の変容体験である。

今回の日本への一時帰国を通じて、日常や世界が違って見える変容体験を積んだ。オランダに戻ってからは、精神的目眩のような現象を体感しており、その目眩が治るまでゆっくりと時間を過ごそうと考えている。

そうした目眩とゆっくり向き合うことに並行して、昨日見た4つの映像作品はどれも印象的であったから、そこから得られた知的·体感的学びをゆっくりと消化していこう。

日本を離れる直前に、何かの雑誌を通じて、クリムトに関する記事を読んだ。クリムトにとって芸術とは女性そのものを象徴し、男女の愛を象徴するものだった。

クリムトは、女性をエロスやタナトスの象徴だけとして見るのではなく、真理の扉としても見ていた。男女の和合を通じて開かれる真理の扉。それは本当に存在している。

日本の伝統芸能の1つである浪曲は、物語を描く芸であり、その源流には仏教における「説教」や「声明」があるそうだ。一度浪曲を聞いてみて、作曲実践に何か応用できないかを考えてみたい。

短い曲の中により物語性を持たせること。短いながらもストーリーがあるような曲を作っていこうと思う。

夜明け前の外の世界を眺めながら、闇に癒されている自分がいる。人は光によって癒されると思いがちであるが、闇もまた深い癒しの効果がある。フローニンゲン2020/11/8(日)04:38

6391. 断食を終えて


時刻は午後8時を迎えようとしている。オランダに戻ってきてから数日が経つが、まだ完全に時差ぼけから回復しておらず、この時間になると眠気が襲ってくる。しかも先ほど断食を終えたとこともあり、夕食を食べたので、尚更眠気が生じる。

結局今回は、わずか2日間ほどの断食だった。2日間という短い時間であっても、胃腸を休めるには良い機会であった。久しぶりの断食を経て、胃腸が休まり、明日からの活動にまた弾みが付くだろう。

今日は結局、5本ほど映像作品を見た。昨日は4本ほど映像作品を見ており、今日はさらに1本追加した。

書物を必要最低限読み、あとは作曲と映画鑑賞を繰り返すリズムが生まれつつある。こうした生活を意識的にしばらく続けていく。

今の自分の探究において、読書よりも映像から得られることの方が多い。しばらくは映像作品を探究材料の核に据えていき、またどこかのタイミングで書物を読む量を増やすことにしたい。

今夜は本当に眠いので、返信が必要なメールに返信をしたら、昨日よりも早めに寝ようと思う。フローニンゲン2020/11/8(日)19:58

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。