Recent Posts

【新教材のお知らせ】インテグラル理論「実践編」ゼミナール

February 20, 2020

いつも発達理論の学び舎をご覧になっていただき誠にありがとうございます。

 

新型コロナウイルスに関するニュースはオランダにも伝わって来ており、みなさま、ご体調は大丈夫でしょうか?インフルエンザを含め、くれぐれもお気をつけください。

 

表題の件、このたび、2019年12月から2020年1月にかけて開催させていただいた「インテグラル理論実践編ゼミナール」の内容をもとにした音声教材を作成させていただきました。

 

本教材は、インテグラル理論や成人発達理論を自分自身の変容実践にどのように適用するか、組織や社会の課題に対してどのように適用するかを扱った、「実践的」な内容になっています。

 

今回のゼミナールも理論編に引き続き、企業経営者、経営コンサルタント、コーチ、セラピスト、医療従事者、教育関係者の方など、多様なバックグラウンドを持つ受講生の方々とインテグラル理論について学びを深めていきました。様々なバックグラウンドをお持ちの受講生のおかげもあり、クラスでのディスカッションの内容は多岐にわたり、非常に実践的なものになりました。

 

下記に教材説明を紹介させていただきます。また、こちらのWEBページには、教材解説の音声ファイルがございますので、本教材にご関心を持っていただけたのであればご視聴いただけると幸いです。

 

教材に含まれるもの

1. 全4回、金曜日クラスと日曜日クラスを合わせた8回分のクラスの録音音声(合計538分)

2. (特典音声)受講生の方々から頂いた質問一つ一つに回答した補助録音教材(129個の音声ファイル、合計2447分)

3. インテグラル理論や成人発達理論の理解をさらに深めるために有益な「参考文献・参考動画リスト」

 

本ゼミナールの内容をもとにした教材は、全て録音音声(M4A形式)のため、携帯や音楽再生機器にダウンロードしていただくことによって、いつでもどこでも繰り返し学習していただくことができます。通勤・通学のお供として、隙間時間を有効活用する形でインテグラル理論や成人発達理論を学んでいただければ幸いです。

 

特に、補助録音教材では、インテグラル理論や成人発達理論の応用的な事柄についても触れています。また、本ゼミナールの趣旨でもある実践に焦点を当て、理論をどのように実践に活用していくのかのガイダンスも行なっています。そのため、インテグラル理論や成人発達理論の応用的な論点について学び、探究と実践をより深めていくことにご関心のある方にお勧めの教材です。

 

こんな方にお勧めです

・成長支援に携わるコーチやセラピスト

・人財開発コンサルタントや組織開発コンサルタント

・人財育成に携わる研修ファシリテーターやトレーナー

・組織内で人財育成に携わっておられる方(企業組織のみならず、医療や教育に関する組織も含む)

・インテグラル理論や成人発達理論に関心のある方(理論の応用的なトピックやその実践的な活用方法にご関心のある方)

 

(追伸)

本教材の補助録音ファイルNo.60「質問番号38_株式会社アントレプレナーファクトリーとの協働で作成された「成人発達理論による能力の成長」に関する教材について」で言及させていただいた教材につきましては、もう少しでご提供させていただくことができそうです。こちらの教材につきましても、追って詳細を連絡させていただきます。

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。