Recent Posts

4885-4888:フローニンゲンからの便り 2019年8月24日(土)

August 26, 2019

お知らせ

・成人発達理論やインテグラル理論の観点を交えながら、楽しく一緒にボルダリングを体験するためのYoutubeチャンネル「ライフ・イズ・ボルダリング」を始めました!

 

・成人発達理論やインテグラル理論の観点を交えながら、楽しく一緒に音楽理論や作曲について学ぶためのYoutubeチャンネル「ライフ・イズ・ミュージックコンポジション」を始めました!

 

本日の2曲

本日の2曲はこちらのYoutubeチャンネルで公開しています。

 

タイトル一覧

4885. 創造活動と共有活動に取り組む時間帯について

4886. 秋に向かうフローニンゲンの土曜日の朝に

4887. 今朝方の夢

4888. ボルダリング・作曲・人生の深いつながり

 

4885. 創造活動と共有活動に取り組む時間帯について

 

時刻は午前6時を迎えた。昨日は、この時間帯にすでに音声動画を作っていた。

 

昨日の日記の中で、早朝に書斎に到着したらすぐに音声動画を作る習慣を設けようという話をしていたかと思う。今朝方の夢の内容と照らし合わせて考えてみると、やはり起床して30分ぐらいの時点で音声動画を作るのは賢明ではないように思われた。

 

それには幾つかの理由があるが、一番重要なものとしては、音声動画の作成においてはとにかくそれを視聴してくださる方のことを考慮する必要があり、目覚めてまだ時間が経たない時点での頭があまり回らない状態、さらにはろれつが上手く回らないような状態で作る音声動画の質は高くないであろうことが挙げられる。

 

また、私は話す内容を事前に十分に考えることはなく、一つのトピックを思いついた時点で音声動画を作ることが多い。このスタンスは今後も続けていくだろうが、そうなった場合に、即興的に話を組み立てていく必要があり、これを行うためには頭を目覚めさせておく必要がある。そういうわけで今日からは、再び日記の執筆から一日の活動を始めることにした。

 

今日をどのように過ごすのか、今朝方どのような夢を見ていたのかを振り返り、さらには共有したい事柄に対する音声動画のコンテンツについて日記に書き留めてから音声動画を作っていきたい。つまり、これからの一日の活動の流れとしては、起床直後のルーティンを行った後に書斎の机に着き、そこではまず日記を執筆する。

 

二つか三つほどの日記記事を執筆した後に、何かしらの音声動画を作っていく。その時には、「ライフ・イズ・ボルダリング」に関する音声動画を先に作ることになるだろう。

 

一つのトピックないしはテーマに関する動画の長さは、10分から15分、長くて20分に留めて話をしていく。当面の間は、毎日少なくとも一つか二つの音声動画を作成していきたいと思う。肩肘張らずに、自分の活動記録として、作成のプロセスそのものを楽しみ、音声動画を作成する過程で自分自身も何かしらの学びを得ていきたい。

 

調べてみると、Youtubeにおける良いコンテンツの条件のようなものが多々あるらしいが、自分なりの条件として、コンテンツ作成のプロセスを楽しんでいるか、自らがそのコンテンツから何かしらの学びが得られるのか、という二つの条件を最低限守ったものにしていきたい。逆に言えば、それらさえ守れていれば、動画を視聴している方にも何かしらの楽しさが伝わり、少なからず学びを共有することができるのではないかと期待する。

 

昨夜ふと思ったのは、これからは午前と午後は集中して創造活動に従事する時間とし、夜は生み出されたものを共有する時間としたいということであった。すなわち、午前中と午後は、日記の執筆、作曲実践、Youtube動画の作成に焦点を当て、それらの活動によって生み出されたものは夕食後に共有していく流れを作るということである。

 

これまでもそのような意識で取り組んできたのだが、ついつい夜にも創造活動に従事してしまうことがあり、生み出されたものを共有することが後回しになってしまっていた。もちろん、その日に共有するものを全て共有し終えて時間が余っていたら、再び何かしらの創造活動に従事してもいい。そのようなスタンスで今日から一日を過ごしていこうと思う。フローニンゲン:2019/8/24(土)06:41

 

4886. 秋に向かうフローニンゲンの土曜日の朝に

 

気がつけば今週も週末を迎えており、今日は土曜日である。午前7時を迎えようとしているフローニンゲンの空は青く、雲一つない。

 

今日は気温が上がり、最高気温は28度か29度になるそうなので、暖かさを感じられるだろう。午後3時半あたりに街の中心部にジョギングがてら出かけて行き、Holland & Barrettというオーガニック製品専門店で、スピルリナのパウダーを購入したいと思う。

 

これまではクロレラのパウダーを夜に味噌汁に入れており、それが実に美味だったのだが、まだスピルリナを試したことがなく、前回上記の店に足を運んだ時に、スピルリナのパウダーを見つけたため、今回それを試してみようと思う。そこでスピルリナを購入したら、その足で今度はオーガニック専門スーパーのEkoplazaに行き、有機豆腐を二つほど購入したい。

 

今日も午前中と午後は、できる限り創造活動に集中していく。夜は、生み出されたものを共有していく時間としたいが、そろそろ来月末の一時帰国に関してスケジュールを最終決定していきたいと思う。

 

早いもので、一時帰国までちょうど後一ヶ月ほどとなり、どの日にどのような場所に訪れるのかを詰めていく必要がある。航空券については随分と前に予約をしているため、後は決めたスケジュールに沿ってホテルを予約しておく必要がある。

 

今回の滞在先は、主に岐阜と大阪であり、それらの地で訪れたい場所と主要駅との塩梅を見ながらホテルを選んでいきたい。今夜時間を作ることができたら、まずはスケジュールを最終版のものにし、時間があればホテルの予約までしておきたい。

 

予約の完了まで難しければ、ホテルの候補を見つけておくだけでも良しとする。来月末からの一時帰国に際してその他に必要なことと言えば、この貴重な機会に、作曲に関する和書を幾つか購入し、それをオランダに持ち帰ることである。

 

今それについて書いてみて気づいたが、せっかくなので、ボルダリングに関する和書を一冊でもいいのでオランダに持ち帰りたいと思う。少しばかり調べてみて、良さそうな書籍が見つかれば、自分のYoutubeチャンネルの小話として、どのような書籍を見つけ、どのような書籍をオランダに持ち帰ろうとしているのかを共有したい。

 

ふと窓の外を眺めると、穏やかな朝日が赤レンガの家々に照らされている。確かに今日は気温が上がるが、今朝のフローニンゲンの空は秋に向かうそれである。

 

秋空に向かって手を伸ばしたい気分。そんな気分が自ずから外に滲み出てくる。

 

おそらくもう一つほど今朝方の夢に関する日記を執筆し、その後に本日最初の音声動画を作ってみようと思う。有言実行として、上記で言及したように、まずはボルダリングに関して、オランダに持ち帰りたいと思う和書を探し、良さそうな書籍について紹介する動画を作りたい。フローニンゲン:2019/8/24(土)07:09

 

4887. 今朝方の夢

 

今朝方の夢について振り返り、それを書き留めたらYoutubeチャンネルのための動画を作って、本日最初の作曲実践に移っていきたい。今朝方の夢は大きく分けると二つあった。

 

夢の中で私は、スペインを代表するプロサッカーチームに所属していた。それは選手としてではなく、コーチやアシスタントという立場としてである。ちょうど明日にリーグの開幕戦を控えており、どのような選手を起用するのかについて監督とコーチ陣で話し合いが持たれた。

 

このチームの監督は、元フランス代表のスーパースターであり、現役時代には実際にこのチームに所属して、数々のタイトルを獲得していった人物である。監督はフランス人なのだが、チームのコーチ陣がスペイン人が多いため、ミーティングの中では最初スペイン語が話されていた。

 

私はスペイン語を理解することができず、会話の内容についていくのは難しかったが、なんとなく言わんとしていることは伝わってきた。そこから監督が突然英語とドイツ語を話し始め、場がなんとなく盛り上がってきた。全員の表情は柔らかく、笑顔がよく見えた。

 

ミーティングの言葉がスペイン語から英語やドイツ語に切り替わったため、その内容がより理解しやすくなり、そこからは私もミーティングに積極的に参加するようにした。そこで夢の場面が変わった。

 

次の夢の場面では、Youtubeの動画を撮影することに関して考えている自分がいた。どうやら、Youtube動画を作成する際には、いくつか注意事項があるらしく、それを守らなければ、視聴者に楽しんでもらえないということがわかった。ある意味それは、Youtube動画の作成に関する理論のようなものであり、それらの理論を学びながら、私はあえてそうしたセオリーに反した動画を作っていこうと思うに至った。

 

もちろん、本当に大切なセオリーについては守るが、動画を世に共有していく自分なりの意図と合わないセオリーについては無視をしていこうと思ったのである。そのような考えを持った瞬間に、私は書斎の机の前にいて、作曲実践を行っていた。今朝方はそのような夢を見ていた。

 

特に後者の夢については印象的であり、早速Youtubeの動画作成に関する事柄が夢に出てきたことは注目に価する。夢の中では、動画作成に関するいくつかの注意点が立ち現れ、それらの何に注意して、動画作成のセオリーの中で何を取り入れ、何を取り入れないのかをこれから判断していきたい。夢を通じて得られた情報が、今日からの動画作成の役に立つことに驚かされる。

 

これから早速、ボルダリングに関して、初心者にとって有益そうな和書を見つけ、それについて紹介する動画を作ってみよう。また、明日は待ちに待ったボルダリングジムに通う日なので、その日に向けて色々と考えていることを共有してみたいと思う。

 

さらには、ボルダリングを行う際に重要になるオブザベーションについて、現時点での今の自分のその能力がどれだけ低いかを記録しておく動画も作ってみよう。具体的には、先日ジムに通った時に一枚だけ撮影した壁の写真を見ながら、自分なりにその壁の特徴や登り方について解説を加えてみる。

 

それによって、どれだけ自分がボルダリングに関する語彙が貧困かがわかるだろうし、現時点でのオブザベーション能力がいかほどかもわかるだろう。そして、ここからどのようにその能力が高まっていくのかのプロセスを共有していきたいと思う。フローニンゲン:2019/8/24(土)07:39

 

4888. ボルダリング・作曲・人生の深いつながり

 

時刻は午後の6時半を過ぎ、ゆっくりと7時に向かっている。それはすなわち、太陽がゆっくりと沈んでいくことを表しており、同時に、今日という一日が終わりに向かっていることも表している。

 

今日一日を振り返ってみると、本当に一日が充実していたように思う。それは何より、数日前にYoutubeチャンネルを作り、そのコンテンツ制作を楽しんでいたことが大きな理由として挙げられるだろう。

 

自分の声を通じて何かを表現し、音声動画という形を残していくこと。それは日記の執筆や作曲と同等の喜びを私にもたらしてくれる。

 

今この瞬間において、二つのチャンネルでアップされているコンテンツが誰からも見られていないことは知っている。だが、誰かが見ている見ていないにかかわらず、自分の知見や体験を言葉で形として共有することに大きな意義と楽しさを見出しているがゆえに、そうした状況は何の問題でもないことなのである。

 

先ほど夕食を食べている最中に、2019年に行われた第14回ボルダリングジャパンカップ 女子決勝をYoutubeを通じて観戦していた。改めて、このスポーツが東京五輪からオリンピック種目になった理由が理解できたように思う。決勝戦の会場の様子や演出は素晴らしく、選手たちのパフォーマンスの迫力には感銘を受けた。

 

これはYoutubeチャンネルの中でも述べたことなのだが、選手たちのパフォーマンスを見ていると、ボルダリングというものが身体芸術のように思えてきたのである。そして、先ほど作成したYoutube動画の中では、ボルダリング、作曲、人生の三つの深いつながりについて言及していた。

 

今後も、ボルダリングと作曲の実践を継続させていき、それらの実践と人生との深い結びつきについて考えを深めていきたい。

 

二つの実践を継続していくと、いつかボルダリングの壁のホールド(突起物)が音符に見え、楽譜上の音符がボルダリングのホールドのように見えてくるのではないかと思った。それを想像したら、思わず笑みがこぼれてくる。きっとすでに両者の実践との深いつながりを見出しており、それらが自分の人生のさらに深いところでつながっていくのだろうという予感がしている。

 

数日前に作ったボルダリングチャンネルにせよ、作曲チャンネルにせよ、どちらのチャンネルにも小話を時々入れるようにしている。それは完全に小話として独立した動画になっている。

 

ボルダリングチャンネルの方の小話は健康ネタを主にしていき、一方、作曲専門のチャンネルの小話は芸術関係のネタを主にしていこうかと思う。前者に関しては、自分の食実践や身体トレーニングに関する話題を中心にし、後者については、過去に訪れた作曲家の博物館の話や美術館の話をしていきたいと思う。

 

堅い話をできるだけ避け、このような小話をどちらのチャンネルにも入れていくことによって、ボルダリングや作曲の楽しさを多角的に伝えていくことができればと思う。フローニンゲン:2019/8/24(土)18:59

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。