Recent Posts

3852. 今朝方の一連の夢

February 21, 2019

時刻は午前七時半を迎えた。早朝のこの時間帯は、うっすらと雲がある。

 

今朝の起床は六時過ぎであり、そこから空の様子を観察していると、七時頃にはもうダークブルーの空に変わり始めていた。日が昇る時間が早くなり、春の足音が聞こえて来る。

 

春が近づくにつれて、喜びが自然と滲み出てくる。そのような毎日が続いており、これから春を迎えるまでそうした日々を謳歌したいと思う。

 

いつものように、今朝方の夢について振り返っておきたい。夢の中で私は、この夏から新しい場所で生活をすることが決まったようであり、随分と喜んでいた。

 

新天地で生活を始めることを両親に伝え、両親とその喜びを分かち合っていた。今回自分が新たな場所で生活をすることは、大きな意味を持つものであることがわかる。

 

新しい街で生活をすることに対する不安は一切なく、夢の中の私は、高揚した気分に包まれていた。まさにそれは、季節が春に向かい、生命たちのエネルギーが高揚していくのと同じような状態であった。

 

そのような夢を見た後、次の夢の場面では、見知らぬサッカーコートでサッカーの試合をしていた。対戦相手は見知らぬ人たちばかりであり、彼らは全員日本人であった。

 

こちらのチームのメンバーもほとんどが見知らぬ日本人であった。最初私は、二人のセンターバックのうちの一人を務めていたのだが、試合が展開していくにつれて、徐々にポジションを前に移していった。

 

拮抗した試合が終盤に差し掛かった時、私はコートの真ん中からドリブルでボールを持ち運び、少し遠めの位置からシュートを打った。距離が幾分あったため、本来であればインステップキックを選択するのが普通だと思うが、私はなぜか、フットサルでよく用いられるトーキックを使った。

 

そのシュートは直接ゴールには入らなかったが、キーパーも予想をしていなかったのか、私のシュートをこぼし、そのこぼれ玉に私の小中高時代の友人(YU)が詰めて、ゴールを決めた。友人と私はゴールを喜び、その後、私は1得点1アシストの結果を残した。

 

起床直前に見ていた夢についてもまだ少しばかり覚えている。私はある山の麓にいて、目の前に、一軒の木造建築の家があった。どうやらこれからそこに宿泊することになっているらしく、一人の友人と一緒にその家に入ろうとした。

 

すると、その家には鍵がかかっており、中に入ることができない。家のブザーを鳴らしてみても、何の反応もない。

 

事前情報では、すでに誰か別の人が宿泊しており、その人がドアを開けてくれることになっていたはずなのだが、どうもおかしい。もう一度、今回の宿泊に関する情報がまとめられたメールを確認すると、「消灯時間午後七時」という文言を見つけた。

 

そこでふと、時計に目をやると、午後七時を少し過ぎていた。確かに、今目の前にある小屋の明かりは消されており、もしかしたら、先に来た人はすでに就寝しているのではないかと思った。

 

とはいえ、私たちもこの家に宿泊しなければ、宿無しの状態になってしまう。そこで私たちは、再びブザーを押してみた。それも一回、二回ではなく、何度も押してみた。

 

すると、家に明かりがパッと灯され、ドアがゆっくり開き、中から目をこすりながら一人の小柄な男性が出てきた。見るとその人は、予備校時代の知り合いであり、私たちよりも一、二歳年上の方だった。

 

その方は別に怒ってはいなかったが、眠そうであることは確かであり、消灯時間に間に合わなかったことを私たちは謝り、家の中に入った。家の中はとてもこじんまりとしており、三人寝れるかどうかの広さであった。

 

消灯時間を過ぎていることもあり、私たちは荷物をそのあたりに起き、すぐに就寝に向けて準備をし始めた。そこで夢から覚めた。フローニンゲン:2019/2/19(火)07:51

 

No.1697: Flying Imagination

 

Human imagination can fly far away. 

 

Then, it comes back to the earth. Groningen, 19:58, Tuesday, 2/19/2019

Tags:

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。