Recent Posts

3752. 鍬と鋤の夢


今朝は六時過ぎに起床し、六時半を過ぎた頃に一日の活動を始めた。てっきり今日は金曜日だと思っていたのだが、私の早とちりで、今日はまだ木曜日のようだ。曜日の感覚がますます消失していく。

一日の活動を始める前に、今朝方の夢について振り返っておきたい。夢の中で私は、友人の自宅の庭にいた。その庭は広く、そこで私は友人と立ち話をしていた。

なにやら、友人が私のために、鍬(くわ)を作ってくれることになった。「お土産としてオランダに持ち帰って使って欲しい」と友人は述べた。

鍬の使い所はそれほどないと思っていたのだが、そういえば、鍬を使って畑でも耕すか、あるいは、家に護身用に飾っておこうかと思った。いずれにせよ、あまり大きな鍬はいらないと友人に伝えた。

すると、友人はかなり大きな鍬を作ろうとしてくれていたようであり、私のお願い事項に少しばかり残念がっているようだった。とはいえ、鍬を含め、日用品を作ることに喜びを見出している友人は、早速、鍬を作ることに取り掛かってくれた。

オランダに持ち帰るためには小さな鍬である必要があったため、私は鍬の取っ手の部分の木の大きさに注意を払っており、友人が丸太に線を入れようとしている時に、自分の好みのサイズを伝えた。友人はしゃがみ込んで丸太に印をいれると、私たちの横に、中学生ぐらいの女の子がやってきた。

どこかで見たことのあるような顔だったが、名前を思い出すことができなかった。彼女は私たちのために、今から朝食を作ってくれるとのことであった。

友人がオムレツをお願いすると、それは作れないとのことであり、私は焼き魚と卵焼きを注文した。少女はうなづき、笑顔でその場を去り、朝食の準備に向かった。そこで静かに夢の場面が変わった。

次の夢の場面では、私は大学時代を過ごした街に似たような場所にいた。時刻はちょうど昼食どきであったから、中華料理でも食べようかと思い、レストラン街を歩いていた。

中華料理店の前に辿り着くと、結局中華料理よりも、スーパーで色々とお惣菜を購入した方が良いような気がしたので、私は近くのスーパーに向かった。スーパーに到着し、そこであれこれと品を選んでいると、偶然にも、二人の知人とであった。

一人は男性であり、もう一方は女性である。女性の方は何か飲み物を選んでおり、男性の方はアイスクリームを選んでいた。

私は二人に挨拶をし、飲み物コーナーに行って、まずはお茶から選び始めた。次に食べ物を購入しようと思っていた矢先、私は瞬間移動して、あるヨガスタジオにいた。

そこにいたのは、私がサンフランシスコ時代にヨガのインストラクターの資格を取得した仲間たちであった。どうやら、今から仲間のうちの一人のクラスが始まるらしかった。

私は彼女のクラスに参加することを楽しみにし、準備を始めた。ほどなくしてクラスが始まると、その場には15人ほどの参加者がいて、まずは簡単に自己紹介することになった。

そこには私以外にも一人だけ日本人がいて、彼は私の友人(HY)だった。自己紹介が始まった時、私の横にいたアメリカ人の女性が変わった名前だったので、私は自己紹介する時に、なぜだか自分の本当の名前を述べるのではなく、「Ase(アセ)」だと述べた。

私の頭の中には、「汗」という漢字が浮かんでおり、なぜだかそれをそのままローマ字読みしたものを自分の名前として名乗った。自己紹介が一通り終わると、クラスが始まった。

クラスの途中で、鋤(すき)のポーズをする場面があり、私の友人は、壁を補助として活用し、壁に足をつける形でそのポーズを行っていた。私はこのポーズを好んでおり、なおかつ自分はヨガのインストラクターの資格を取得していることもあって、このポーズをどのように行えばいいのかを知っていたのだが、友人が起き上がり、私にそのポーズのやり方を教えてくれるという。

いざ私が横になり、そのポーズを始めようとすると、あれこれと注意してきた。しまいには、私の体を強引に修正しようとし始め、大変迷惑に思った。

このポーズを一生懸命私に教えてくれようとする友人にお礼は述べたが、それに合わせて、このポーズは自分のペースでやらせて欲しいということも伝えた。フローニンゲン:2019/1/31(木)07:12

No.1630: A Song Powder Snow

A fine snow is falling from the sky.

It seems to sing a song. Groningen, 10:41, Friday, 2/1/2019

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。