Recent Posts

3744. 小川に沈んでいく二人の友人


また新たな一日が静かに始まった。時刻は午前六時半を回ったところである。

今日の最高気温は4度、最低気温はマイナス2度とのことであり、それほど厳しい寒さではない。また、一日を通して今日は晴れのようであるから、昼食前に散歩がてら近所のスーパーに立ち寄りたいと思う。

太陽の光を浴びれる時には、できるだけそれを享受するようにしたい。

いつもと同じように、今朝方の夢について振り返っておきたい。夢の中で私は、とても穏やかな雰囲気を持つ村にいた。そこには小川が流れており、小川の道には美しい草花が咲いていた。

私は、そこはどこか天国のような場所だと思った。どうやら私は、小旅行としてこの場所を訪れているようだった。

見ると、私の横には、小中高を通じて付き合いのある友人が一人いた。彼と小川の道を歩きながら少しばかり話をしていると、お互いにふざけあい、私は彼を小川の方に向かって押してみた。

それはふざけて小川に突き落とすほどの勢いであり、案の定、彼は小川に落ちた。その小川は浅そうに見えていたのだが、なんと、彼はみるみるうちに小川の底へと沈んでいってしまった。

それを見た私は、まずいと思い、すぐさま自分も小川に向けてジャンプして、小川の水面に手だけ出している彼の手を取ろうとした。すると、もうその時は時すでに遅しであり、彼の体は完全に川底に沈んでいってしまった。

そこで私は川に潜ってみたのだが、彼を救出することはできなかった。どういうわけか、私はすぐさま川の水面まで戻ってくることができ、川岸に上がった。

「まずいことになったな・・・」と思って、しばらく川岸で呆然としていた。すると、私の後ろから、私を呼びかける声があった。振り向くと、なんとそれは、今川の底に沈んでいったはずの友人だった。

友人U:「危なかった〜。なんとか助かったよ」

幾分笑みを浮かべながら、友人はそのように述べた。どうやって助かったのかを聞いてみると、川底付近に水路があり、その水路の流れに乗って、反対側の小川に出ることができたそうだ。

何はともあれ、私は友人が無事であったことを心から喜んだ。私たちは立ち上がり、再び歩き始めようとした。すると、その友人は突然、別の友人に変わった。

今度の友人は、学年でも極めて運動神経が良く、私の親友でもあった。彼に、先ほどの一件について伝えると、「そんなことがあるのか」と驚いていた。

私たちは、またしても川岸でふざけ始め、私は今度もまた、その友人を小川の方に押してしまった。今度の押しはそれほど強くなかったのだが、その友人は悪ふざけをし、自分から小川の方にジャンプした。

彼の運動神経の良さを考えると、全く問題ないだろうと思っていたのだが、彼もまた川底に引っ張られるようにして、みるみる体が沈んでいった。手だけが水面に出た状態になった時、私はまたしても「これはまずい」と思い、彼を救出するために川の中に飛び込んだ。

だが、今度もまた彼を救出することはできなかった。再び私は川岸に上がり、そこでまた「今度はだめだったかもしれない」と思っていた。

すると、今回もまた、後ろから私を呼ぶ声が聞こえてたので振り返ってみると、今川に沈んでいった友人だった。私は彼の姿を見て安堵したのだが、「死にそうになったじゃないか」と彼は怒りながら述べた。

彼の手元を見ると、小型マシンガンがあり、その銃口は私の方に向けられている。

:「悪いのは、あの政治派閥さ」

友人O:「そうだ、彼らが悪いんだ」

小川に突き落とした私を責めていた友人は、私が今回の件はある政治派閥のせいだと述べたところ、ころりと考え方を変えて、そちらの方に意識が向かっていた。その政治派閥は、東欧のある国で勢力を握っており、彼らの旧態依然とした発想は何かと問題視されていた。

すると、偶然ながら、その政治派閥のメンバーたちが、ぞろぞろと川沿いの道を歩いてくるのが見えた。

:「あっ、彼らだ!」

私がそのように叫ぶと、友人はそちらの方を見て、政治派閥のメンバーたちに向かってマシンガンを乱射し始めた。銃弾が彼らに当たることはなかったが、彼らは相当に怯えているようだった。

そこで夢の場面が変わった。フローニンゲン:2019/1/29(火)06:54

No.1623: A Beautiful Winter Flow

Every day passes by like a ceaseless flow.

I felt it today, too. Groningen, 17:56, Tuesday, 1/29/2019

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。