Recent Posts

3631. 竜の背中に乗る夢


今日一日分のコーヒーが、つい先ほど完成した。コーヒーの香りが書斎の中にほのかに漂っている。

今日の天気は曇りらしいが、幸いにも雨は降らないようなので、午後に散歩がてら、行きつけのチーズ屋に立ち寄ろうと思う。また、チーズ屋の近くにあるスーパーで寿司のパックを二つほど購入したい。

今朝方見ていた夢は、先ほど書き留めていた以外にもまだ他にある。夢の中で私は、巨大な部屋の中にいた。そこには物がほぼ何も置かれておらず、四方に見える壁以外は、物らしい物はないように思えた。

その巨大な部屋の中では、私は一人の小人のように小さかった。自分がそのような巨大な部屋の中にいることに気づいた時、私はその部屋に浮かんでいる竜の背中の上にいた。

竜の背中に乗っているというよりも、竜の背中から落ちないように背中にしがみついていると言った方が正確かもしれない。竜の動きそのものは激しくないのだが、竜がゆっくりと動くのに合わせて、背中が波打つように動く。その動きによって竜の背中から落ちてしまわないようにすることに私は必死だった。

しばらくそうしたことを続けていると、ようやく竜の背中の動きの特徴がわかり、そこからは竜の背中にうまく乗れるようにあった。すると、竜の背中から、老婆の声が聞こえた。

それは、「役に立たないと意味がない」という声だった。その声が聞こえてきた時、私は一瞬どこからその声が聞こえてきたのか戸惑ったが、竜の背中から聞こえてきた声であるとわかると、妙に安心感があった。

すると、竜は巨大な部屋の壁際にゆっくりと移動していった。その部屋があまりにも巨大であるため、先ほどは気づかなかったが、壁に近づいてみると、壁際に無数の衣服が山のように積まれていることに気づいた。

壁際に近づくと、竜は私を背中ら降ろすかのように、背中を衣服の山の方にゆっくりと傾けていった。それを察知した私は、衣服の山の方に向かってジャンプした。

衣服の山の上に無事に着地したのだが、その山が静かに崩れ去り、私は壁際の地面に降り立った。そこでまたしても、壁から老婆の声が聞こえてきた。内容は、先ほどと全く同じものだった。

その声が聞こえてきた瞬間に、遥か遠くに見える部屋の入り口から二人の友人が部屋に入ってくる姿を見た。すると、先ほどまでは巨大であった部屋が、一気に通常の部屋の大きさに戻った。

部屋に入ってきた二人の友人は、壁に寄りかかっている私に声をかけてきた。

友人A:「どうしたの?そんなところで」

:「いや、壁から声が聞こえるんだよ」

友人B:「えっ、誰の声?」

:「見知らぬ老婆の声なんだけど」

友人A:「えっ、本当?それはきっと私のおばあちゃんの声だわ」

一人の女性の友人がそのように述べた。彼女は壁際に近づき、壁に左手を当て、右手を自分の耳に当てた。

すると、彼女は「本当だ。おばあちゃんだ」と述べた。彼女は嬉しそうな表情を浮かべており、しばらく老婆の声を静かに聞いていた。

するとそこで夢の場面が変わった。フローニンゲン:2019/1/4(金)07:25

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。