Recent Posts

3582. 不思議なエレベーターに乗る夢


時刻は午前七時を迎えようとしている。辺りは闇に包まれており、とても静かだ。

今朝方の夢について先ほど書き留めていたが、実際にはその他にもあと一つ二つほど夢を見ていたように思う。それらの夢については残念ながらもう記憶にない。

また、先ほど書き留めた夢に関しても、もう少し細かな描写があったように思う。確か、カフェの中で友人と話をしている時に、哲学者のザカリー・スタインがやってきて、私たちに話しかけたのを覚えている。

彼も精神薬理学や人間の意識について造詣が深いため、マリファナを吸って浮遊感を漂わせている私の友人を見て、「やれやれ」といった表情を見せ、彼に笑顔で何か助言をしていたのを覚えている。また、カフェの中で、アフリカ系アメリカ人の親子と立ち話をしていたのも覚えている。

その親子は母と女の子であり、私はその子の母と気さくに何かを話していた。友人が去った後に、カフェでもう一杯アイスコーヒーを飲むことにした私は、その後、カフェを後にしようと思った時に、そのカフェが突然エレベーターに変わったのを今思い出した。

そのエレベーターの中には、見知らぬ日本人が三名ほどいた。私はエレベーターの右側に立っており、壁の押しボタンの近くにいた。あとの三名は全員左側に立っている。

私たちはどうやら下の階に行こうとしているらしく、私がエレベーターに乗った瞬間には上に行く表示が出ており、このエレベーターに乗って大丈夫だろうか?と一瞬思ったが、私が乗った瞬間に表示が下行きになった。そこでその三名が乗り込んできた、というのが事の始まりである。

私は彼ら三人に、「このエレベーターは下に行きますが大丈夫ですか?」と確認した。すると彼らは、「大丈夫です」と述べた。

エレベーターのドアを閉めて下に行こうとした瞬間に、一人の男性がエレベーターの前に現れたため、慌てて「開く」のボタンを押して、その方をエレベーターに乗せた。その方は息を切らせながら、「ありがとうございます」と私たちにお礼を述べた。

エレベーターのボタンを再び閉めようとすると、実はこのエレベーターは不思議な作りになっていることに気づいた。どうやら目の前の空間そのものも上下動するらしく、その先の空間も同様に上下動するようになっていた。

つまり、目の前の空間がエレベーターのボックスのように仕切られており、それが向こう側にいくつも連なっており、さらにはそれら全てが連動した動きをするようになっていた。しかも、それら全てを一括してコントロールすることができるのは、私の右横の壁に設置されているボタンだった。

一人の男性が慌ててこのエレベーターに乗ってきた後に、ドアを閉めたところ、同じような形で二人の男性がこのエレベーターに乗ろうとしている姿が見えた。すると、最初からこのエレベーターに乗っていた三人のうち、一人の女性が「またですか」というような表情を浮かべていた。

私は、エレベーターに乗せるのは今回の二人で最後にしようと思った。二人をエレベーターに乗せると、彼らもまた息切れをしながら、私たちにお礼を述べた。

いざ下の階に向けてドアを閉めると、またしても遠くから何人かの人たちが走ってこちらのエレベーターに向かってきたが、もうドアをほぼ閉めてしまっていたこともあり、私たちはそのまま下に向かっていった。

彼らも乗せてあげたかったが、このエレベーターに乗らずとも、彼らがいた空間もまた下に移動するのだから問題ないだろう、と自分を納得させたところで夢から覚めた。フローニンゲン:2018/12/26(水)07:16

No.1515: A Relaxing Morning

I was thinking about the importance of living in a relaxing way.

I determined to spend everyday in a relaxed atmosphere. Groningen, 11:11, Thursday, 12/27/2018

Recent Posts

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。