Recent Posts

3487. ヘリコプターで世界中を巡る夢


空が少しばかりダークブルーに変わり始めた。八時半を迎えれば、辺りは随分と明るくなるだろうか。

早朝に今朝方の夢について書き留めていた。それ以外にも、もう一つ印象に残る夢を見ていたため、それについても覚えている限りのことを書き留めておきたい。

夢の中で私は、大学時代の女性友達の話を聞いていた。彼女はすでに結婚しており、子供がいるのだが、どうも夫との関係が良くないようであり、それに関する相談を私は受けていた。

彼女の話を全て聞こえたところで、「気分転換に自然の中に行くのはどうか?」と私は提案した。彼女はあまり自然の中で過ごすことに馴染みがないようであったから、私は率先してガイド役を務めることにし、今度の休みに自然の中に行こうと誘った。

彼女もそれを楽しみにしているとのことであり、その返事を聞いた瞬間に、私たちは雪山の中にいた。雪山と言っても、吹雪が吹いているわけではなく、空は快晴であり、地面の雪がきらめいているような場所である。

彼女の他にも、私は他の友人も今回の自然散策ツアーに誘っていた。しかし、その他の友人も確かに私の友人のはずなのだが、彼らが妙に見知らぬ人に思えてしまうという不思議な感覚があった。

いずれにせよ、私たちは数人ほどで雪山の小道をハイキングすることにした。ある地点に到着すると、突然夢の場面が変化し、私は空を飛ぶヘリコプターの中にいた。

見ると隣には、先ほどの彼女が座っていた。私は運転手に声をかけ、今どの辺りを飛んでいるのかを尋ねてみた。

運転手:「今はインドの上空ですね。あっ、あそこを見てください。有名な古代遺跡がありますよ」

:「本当ですね〜。まさかこのような遺跡を眺めることができるとは。それで、今から向かっている先はどこの国なんですか?」

運転手:「インドを通過して、まずはローマに向かいましょう。そこでまた色々なものを見るのはどうでしょうか?」

:「いいですね、是非お願いします」

インドを超え、インド洋なのか地中海なのかわからないが、穏やかな大海原の上空をヘリコプターが飛んでいる最中に、トビウオが海面からジャンプする姿やイルカが優雅に泳いでいる姿を眺めることができた。

そのような光景に私は興奮し、運転手と隣に座っていた女性友達に、熱心にトビウオとイルカの泳ぎについて説明していた。私は海洋生物学者ではないので、学術的なことはわからないはずなのだが、「流動性」と「慣性の法則」という二つの概念を中心に、トビウオとイルカの泳ぎ方について熱く語っていた。

:「今説明したような観点から言えば、特にイルカの泳ぎは無駄がなく、見事ですよね。ほらっ、あそこにいるイルカは一切無駄のない動きで滑らかに泳いでいますよ」

女性友達:「確かにそうね」

運転手:「実に見事な泳ぎですね」

:「イルカのあのような泳ぎを見ると、このヘリコプターに関しても、プロペラを回す必要などないのではないかと思います。一度気流に乗れば、ヘリコプターは何もせずとも前に進んでいくかもしれませんね」

運転手:「それはちょっと危険そうですね(笑)」

そのような会話をしていると、目的地に到着した。先ほど運転手はローマに行くと述べていたのだが、そこはどうもペルシャ風の雰囲気がある。どうやらそこはトルコのようだった。

私たちは一旦ヘリコプターから降り、先ほどは上空からインドの古代遺跡を眺めただけにとどまっていたが、今度はトルコの古代遺跡を実際に歩いて眺めてみようということになった。

古代遺跡の中に入ると、そこはとても厳かな雰囲気を放っていた。私は遺跡の中の美しい光景に釘付けになり、言葉を失っていた。

しばらく遺跡を眺めると、実はヘリコプターに乗っていたもう一人の人物が突然後ろから声をかけていた。彼はメキシコ人なのだが、日本語を話すことができる。

彼曰く、ヘリコプターに乗って元の場所に戻るのではなく、この場所に残りたいと述べている。ヘリコプターの運転手も指摘していたが、それは違法である。

彼のパスポートではそれは不可能なことだった。しかし、それでもメキシコ人の彼は頑なにこの国に残りたいという。

そうであれば、私たちは止める道理もなかったので、その場で彼と別れ、再びヘリコプターに乗って元いた場所に帰ろうとした。そこで夢から覚めた。フローニンゲン:2018/12/6(木)08:20

No.1464: A Drizzling Rain on a Walkway

Like yesterday, it has been drizzling since the early morning.

I’ll continue to study composition theory and then read a book about the metaphysics of human consciousness. Groningen, 16:05, Friday, 12/7/2018

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。