Recent Posts

3484. メルヴィンの新しい店を訪れて


時刻は午後の五時に近づきつつある。つい先ほど、街の中心部から自宅に戻ってきた。

午後の四時を迎えると、もう辺りは薄暗くなり、この時間帯は随分と暗い。ここからさらに日が沈むのが早くなっていくだろう。

今日の午後は、楽しみにしていた、かかりつけの美容師のメルヴィンの新しい店に行ってきた。場所は、街の中心部の市場に近く、大きな教会の裏手側にある。

店がオープンしたのは二週間前であり、先週に予約をしようと思ったらすでに予約でいっぱいだったので、今日初めてメルヴィンの新しい店に足を運ぶことになった。店に到着してすぐに気づいたが、この店はメルヴィンの創造性とパーソナリティーが滲み出しており、大変素晴らしい雰囲気を持っていた。

店内は以前の店よりも開放的であり、何よりもお客にくつろいでもらうというメルヴィンの配慮が随所になされている。店内に入ると、一人の客の髪を切っている最中であったが、私たちはすぐに挨拶の言葉を交わし、「コーヒーでも飲みながらくつろいでくれ」とメルヴィンは述べた。

メルヴィンが笑顔で指差す方向には、新品のコーヒーマシンがあり、早速一杯コーヒーをもらった。コーヒーの豆にもこだわっているようであり、このあたりにもメルヴィンの配慮が窺える。

店の構想については、以前よりメルヴィンから何度も話を聞いていたが、店を訪れた客がくつろげるためのソファが置かれていたり、客が退屈しないように書籍が置かれていたり、ゲーム機まで置かれている。

メルヴィンが以前述べていたように、私たちの世代には懐かしいゲームを小さなスーパファミコンで楽しむことができる。メルヴィン曰く、先日は、お互いに見知らぬ客同士がゲームで盛り上がり、そこでコミュニケーションがなされていたようだ。

しばらくして私の前の客が店を去ると、私の番となり、そこからはいつも通り、メルヴィンと会話を楽しみながら時間を過ごした。新しい店をオープンする前後はとても忙しかったようだが、今は少しずつ慣れ始め、ビジネスも軌道に乗り始めているようで何よりである。

店の壁には、メルヴィンの友達のアーティストが壁に直接描いたアートがあった。今のところメルヴィンは、一人で新しい店を経営していくらしいが、気の合う美容師が見つかれば、一緒に働きたいとのことであった。

店に置かれている家具や品物には一つ一つこだわりがあり、どれも非常にお洒落であった。髪を切ってもらっている最中に、メルヴィンの母親が店を覗きに来て、挨拶を交わした。

メルヴィン曰く、店の大工作業のいくつかを母親に手伝ってもらったらしく、それを聞いて私は驚いた。

細かな話では、以前の店ではデビットカードしか受け付けていなかったが、新しい店ではクレジットカードでの支払いもできる。そこで私は、メルヴィンに暗号通貨での支払いを受け付けることを今後は考えてみたらどうかと提案してみた。メルヴィンもそれを考えていたらしく、今夜詳しく調べてみるとのことであった。

クレラー・ミュラー美術館の近くの町アーネムは、オランダの中でも暗号通貨に対してフレンドリーであり、町の一角の多くの店で暗号通貨を使用することができる。もちろん、アムステルダムも暗号通貨で支払える店がここ最近増えてきているようだ。

私が住んでいるフローニンゲンでも、暗号通貨に関するミートアップが徐々に増えているようだ。だが、暗号通貨で支払いができる店はまだほとんどないのではないかと思う。

仮にメルヴィンの店で暗号通貨を導入したら、随分と革新的な試みであるから、話題性があるのではないかと思う。

日本で暗号通貨がどれほど普及し始めているのか定かではないが、暗号通貨に関する日本の税制は極めて問題があるように思える。あれだけ高い税率であれば、誰が暗号通貨を積極的に使うのだろうかと思ってしまうし、暗号通貨による投資なども行えないだろうと思う。

暗号通貨に関するオランダの税制はとても寛容的であり、計算式は複雑だが、日本の税率に比べると極めて低い。日本の税制を調べてみると、例えば暗号通貨に関する課税所得が1,000万円の場合、住民税10%と合わせると43%かかるが、オランダの税制においては1.5%ぐらいである。

仮に課税所得が4,000万円を超えると、日本の場合は住民税と合わせると55%もの税率となるが、オランダの税制においてはやはり数%程度である。暗号通貨の使用ないし、暗号通貨の投資という観点から見ると、日本は少々見劣りする国のように思える。

いずれにせよ、メルヴィンは今夜暗号通貨に関する調査をするようであるから、私も専門家ではないが、個人事業主が活用する上で良さそうな暗号通貨がいくつかあるため、彼に情報を提供しようと思う。フローニンゲン:2018/12/5(水)17:35

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。