Recent Posts

3450. 作曲理論の学習方法と師匠につく意義について

November 29, 2018

今日は午前八時を過ぎてからしばらく経ったあたりに夜が明け始めた。昨日に引き続き、午前中は作曲理論の学習に集中していた。

 

当初の予定通り、本日からまとめノートを作りながらテキストを読み進めている。テキストに書かれている事柄を自分の言葉でまとめ直すことは、とても学習になると実感している。

 

掲載されている図も、改めて自分の手を動かしてまとめて直してみると、その図の意味がより頭に入ってくる。面白いことに、手を動かして学習すればするほどに、知識項目が単に頭に入ってくるだけではなく、身体全体に染み渡っていくような感覚がある。

 

こうした感覚は今後も大切にしていき、学習の際にはこうした感覚が起こっているかどうかを絶えず確認していくようにする。仮にそうした感覚がしないまま学習を進めているのであれば、それは学習方法がどこかおかしいと言えるだろう。

 

テキストの学習項目をノートにまとめていくだけではなく、今日からはMIDIキーボードを使って、実際に音を出しながら学習を進めている。これまでは作曲ソフト上における楽譜しか見ていなかったが、実際にキーボードを使って音を出してみるのも非常に効果的であると感じている。

 

午前中の学習は随分とはかどり、午後からも同様のペースで学習を進めていこうと思う。仮眠を取った後にも作曲理論の学習を一時間ほど行い、そこで休憩がてら、そこまでで学習した内容を適用する形で作曲実践を行う。

 

今日も昨日に引き続き、テレマンに範を求めようと思う。その際には、実験として、一般的には明るいとされる長調の曲を暗めに響かせるような工夫をしていく。

 

具体的には、曲の中で用いる和音を長三和音よりも短三和音を多く使っていく。また、曲の出だしにトニックを使う際には、その和音を短三和音にすれば、全体として暗い感じの曲になるはずだ。そうした実験を行ってみる。

 

できれば明日は、それと逆のことを短調の曲で行う。一般的には暗いとされる短調の曲を明るめに響かせるということを行ってみる。

 

現在作曲理論を集中的に学びながら思うのは、もう少し独学で作曲理論の基礎を確立し、他の諸々の事柄が落ち着いたら、自分が師事したいと思う作曲家の方から教えを受けようということである。これまでは、師事をしたいと思う作曲家はいなかったが、ちょうど最近、師事をした

 

いと思う作曲家を見つけ、さらにはその方が個別レッスンを行っているようだから、近い将来その方に教えを乞いたいと思う。

 

様々な実践に当てはまると思うが、その道ですでに高みに到達している人から直接教えを受ける方が、学習は圧倒的に早い。独学の良さはもちろんあるが、独学ではなんともしようがない限界があるのも確かだ。

 

自分自身が発達理論を学んできた過程を振り返ると、常にではないが、しかるべき時期にしかるべき師がいたことは間違いない。作曲においても、しかるべき時期にしかるべき期間にわたって師から教えを受けようと思う。フローニンゲン:2018/11/27(火)13:19

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。