Recent Posts

3427. コード分析とハーバード大学教育大学院の出願に向けて


時刻は九時を迎え、辺りは明るくなった。今日は一日を通して曇りのようであり、太陽の姿を拝むことはできなさそうである。

一日中薄い雲が空を覆うことになるであろうため、今日も夕方の四時には薄暗さを感じるかもしれない。曇り空であり、なおかつ寒さが厳しい中、今朝は静かな喜びの感情が自分の内側に溢れている。この感情を一日中持ちながら本日の諸々の取り組みを前に進めていきたい。

早朝にバッハの四声のコラールに範を求めて作曲をした。それは早朝の習慣になっており、この習慣のおかげで一日が充実した形で進行しているように思える。

ここ最近は、バッハのコラールに範を求める際には、リズムだけ参考にして、あとは完全に自分流に曲を作っていることが多かった。ここで原点に立ち返り、バッハが創出したメロディーやハーモニーにもう少し焦点を当ててみようと思う。

メロディーについては、楽譜上の音の流れを視覚的に捉えていく。ハーモニーに関してはコード分析を行ってみるのもいいかもしれない。

ここ最近はコード分析を行うことがめっきり少なくなっており、ここで一度コード分析を自らに課すのも悪くないように思える。バッハのコラールは曲としての長さが短いため、コード分析をするのもそれほど面倒なことではない。

バッハがどのようなコード進行を用いて、いかようなハーモニーを創出していたのかを改めて学んでいく。日々の作曲実践は惰性で行っていてはならず、絶えず何かしらの発見や気づきが得られるようにしていく。今から少しばかり、今朝参考にした曲について早速コード分析を行ってみようと思う。

今日は六時前に起床したおかげか、起床から三時間の間にすでにいくつかのことを行っていた。一つ重要なこととしては、ハーバード大学教育大学院(HGSE)に出願する準備を大方完成させたことである。

おそらくHGSEは、ハーバードの数あるプロフェッショナルスクールの中で、二番目に高いTOEFLの最低スコアを要求している。一番高い得点を要求しているのは、ハーバードビジネススクールの110点であり、HGSEは104点だ。

私はそのスコアを超えているのだが、HGSEの要求はトータルスコアのみならず、リーディング、リスニング、スピーキング、ライティングのすべてのセクションで26点以上を要求している。

私は欧米で生活を始めて七年になるが、TOEFLのスピーキングは特殊であるためか、スピーキングに関しては26点を取れたことがない。四年前にHGSEの博士課程に応募した際にはなかったことなのだが、現在は、HGSE側もTOEFLが志願者の真の英語力を測定しているのかに疑問を投げかけるようになっており、出願資料の一つにスピーキングのサンプルレコーディングを要求するようになった。

もちろんこれは、合計点が104点に満たない者や、とりわけスピーキングのセクションで26点を取れていない志願者だけが提出すれば良いものであるため、提出が義務づけられているわけではない。

九月の末にHGSEに訪問した際に、アドミッションの方と話す機会があり、その方曰く、TOEFLやGREのスコアで足切りはないとのことであったが、合計点で100点を下回るようだとかなり厳しいようだ。このサンプルレコーディングは、特に合計スコアが100点から103点の間の人に強く推奨されており、スピーキングセクションで26点を下回っている人にも推奨されている。

つい先ほど、書斎の中でそのレコーディングを行い、無事に提出を済ませた。TOEFLの時よりも回答の準備に充てられる時間が多く、話す秒数もTOEFLの試験よりも多いため、普段話しているような速度で落ち着いてレコーディングをすることができた。

志望動機書を含め、その他の提出資料はすでに準備が完成しており、このレコーディングだけ後回しにしていたため、先ほどその提出を終えることができて一安心している。あとは今週末にCVのレビューをし、日曜日中には出願を済ませておきたいと思う。フローニンゲン:2018/11/22(木)09:29

No.1435: Study of Music Theory

I don’t have knowledge about music theory so much, and I have no experience of playing any musical instruments; literally no experience.

I’ve composed six hundred small pieces of music based on my intuition, but I realize that I need to learn theories of music in a rigorous way.

I’ll continue to study music theory in the evening. Yet, before doing it, I’ll go for a walk to the center of the city. Groningen, 15:11, Friday, 11/23/2018

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。