Recent Posts

2969. 作曲上の規則の役割

September 18, 2018

今朝は六時過ぎに起床し、六時半から一日の活動を開始させた。ちょうど今、小雨が降り始めた。

 

ここ二日間はとても肌寒く、八月とは思えないような気温が続いていた。昨夜は特に冷え込み、窓を開けて寝ていると風邪を引いてしまうと思ったため、窓を閉めて就寝した。

 

朝のこの時間帯もまだ寒く、窓を閉めている。今日は一日中曇り空のようであるが、昨日よりは数度ほど気温が高くなるらしい。

 

今日は早朝にシュタイナー教育に関する書籍を読みたいと思う。作曲実践を始めるよりも先に読書を少しばかり行いたい。

 

昨日に届いた三冊の書籍のうち、まずは一冊を手に取り、それを読み進めていく。今回は初読であるから全体を概観するような形で読み進めていこうと思う。可能であれば、残りの二冊についても今日か数日以内に同じように全体を掴んでおきたいと思う。

 

少しばかり書物を読んだら作曲実践に入る。昨日にふと、作曲をする際には絶えず新たな規則を作り、その規則をもとに新たな曲を作っていこうと思った。

 

確かに直感的に曲を作ることも大切かもしれないが、それでは偏りが生まれてしまう。あるいは、自己が自らの直感によって制限されてしまうという危険性をもたらしかねない。

 

今の私は、基本的に直感的に曲を作ることばかりしている。そこには確かに充実感があるが、作曲という表現活動は本来、新たな自己を開示し、絶えず自己を発達させていくという側面があるであろうから、直感ばかりに頼るのは望ましくない。

 

また、絶えず発達し、絶えず創造的である自己は、本質的に自らの直感を超えた存在のはずである。そうであるならば、直感にさえも縛られてはいけない。

 

直感だけに頼る人は、結局直感に縛られた人なのではないかと思う。直感だけに頼っていると、そこからの進歩はもはや何もない。

 

曲を生み出す規則というのは確かに一つの制限ではあるが、それは自己のさらなる発達を促すものになりうる。さらには、それは自己を解放し、より創造的な自己に向かわせることにも繋がりうる。

 

本来制限というのはそういうものを指すのではないだろうか。発達する現象が全てある一定の規則を持っていることからわかるように、自らの規則そのものを絶えず更新していくような試みが求められる。

 

それを作曲実践を通じて自らに課していきたいと思う。ただし、それをどのように行っていくかは完全に手探りの状態だ。

 

現代作曲家の中には、数で遊ぶのではなく、数学的な規則を巧みに取り入れながら作曲をしていた人たちがいる。彼らの試みの中に参考になるものがあるかもしれない。

 

ただし、あくまでもそれは参考にとどめ、曲を生み出す規則は自ら生み出していく必要がある。自己が発達を遂げていく際に重要なのは外側の規則ではなく、内側から生み出された新たな規則だ。

 

そうした規則を絶えず発見し、絶えず構築していく営みにこれから従事したいと思う。今日の作曲実践もそうした実験をする場である必要がある。フローニンゲン:2018/8/12(日)07:02 

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。