Recent Posts

2913. 夏の朝の夢


今朝は六時に起床し、六時半に起床した。起床した際に、寝室の窓の外に赤く輝く朝日が見えた。

今日も一日が穏やかに始まった。幸いにも早朝は朝日を拝むことができたが、今日は昼食の前後に雷雨に見舞われるようだ。ちょうど食料が切れかかっているので、買い物は午前中に済ませておきたい。

今この瞬間には風が全く吹いておらず、空に浮かぶ雲も完全に静止している。いつもは緩やかに動く雲を眺めているため、このように静止した雲を見るのは何か不思議な感じがする。太陽を長時間隠してしまうほどではないにせよ、空には雲がまばらに存在している。

今朝方の夢について少しばかり思い出している。夢の中で私は、サッカーの日本代表に選出され、国際試合に出場することになった。

実はこの試合の前に、代表選手の候補のための国内合宿に呼ばれ、そこで練習を行っていた。練習の最後に行われた練習試合ではそれほど満足のいくプレーができたわけではないのだが、なぜか私は代表選手に選ばれた。

合宿の最中に印象に残っているのは、11歳の男の子も候補に選ばれていたことである。彼は将来有望な選手のようだ。

代表監督の補佐を務めるコーチの元で、この合宿は進められていた。練習の最後に、軽くクールダウンを兼ねたダッシュをしている時に、その11歳の選手に異変が起きた。どうやら足を故障してしまったらしい。

おそらく筋肉系の怪我である。その怪我のせいで、その選手は走ることができなくなり、コートの横に出た。彼は目に涙を浮かべており、怪我をしたことをとても悔しがっている様子がわかった。

彼をなだめるかのようにコーチがやってきて、あれこれ言葉をかけている。しかし、その選手は泣くことをすぐには止めることができず、しばらく泣き続けていた。そこで夢の場面が少し変わった。

国際試合の日がやってきた。その試合はおそらく日本国内で行われたものだろう。

ロッカールームには程よい緊張感があり、ロッカールームを出て自国の選手と相手国の選手が整列し、コートに向かっていく際には胸が高鳴った。試合が始まってからの記憶は一切なく、気づけば国内で行われる二試合目の国際試合に向けて準備をしていた。

どうやら私は次の試合ではスタメンで起用されることはなく、この試合では随分と選手を入れ替え、様々な選手を試すようだった。今回の対戦相手である国は韓国であり、ロッカールームを出たところのスペースに整列する韓国の選手たちの表情は相当に気合が入っていた。

その場からベンチに向かおうとしていたところ、後ろから誰かに声をかけられた。振り向くと、韓国人の女性がそこに立っており、なにやら私に韓国語で話しかけてくる。

韓国語がわからないので英語で話してもらうことをお願いすると、「パンケーキを食べないか?」と聞いているようだった。試合直前に食事をすることは控えたかったが、今日は出場予定もないし、その女性が手に持っているケーキが美味しそうに見えたこともあり、せっかくなので小さいケーキを二つもらうことにした。

するとその女性は嬉しそうな笑みを浮かべ、ケーキを二つ切り、特別なシロップをかけて私に渡してくれた。そのケーキを一旦どこかに置いてから、私はコートに向かう代表選手を鼓舞するように声をかけて行った。そこで夢から覚めた。フローニンゲン:2018/7/31(火)06:58

No.1183: Towards Fulfillment of Autumn

I have a premonition that this autumn becomes more fulfilled than previous ones in the last two years.

My life gradually deepens. Groningen, 09:44, Tuesday, 9/4/2018

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。