Recent Posts

2795. 芸術教育・霊性教育・投資教育

August 14, 2018

今日はこれから過去に作った曲を二つほど編集する。その後、編集の流れを引き継いで、バッハの変奏曲に範を求めて一曲作る。

 

一旦ショパンのマズルカから離れ、再びバッハの変奏曲に範を求めていく。昨日もバッハの変奏曲とコラールに範を求めて二曲作り、モーツァルトの曲を参考に一曲作った。

 

今日からまたしばらく古典派の作曲家に範を求めていくことになりそうだ。今、書斎の中にはエマニュエル・シャブリエの曲が鳴り響いている。

 

フランスのこの作曲家は幼い頃からピアノの演奏に才能を発揮していたそうだが、最初の職業は公務員だったそうだ。シャブリエは公務員として働く傍ら、フォーレなどと親交を持ち、独学で作曲の勉強をしていったそうである。

 

また、マネ、モネ、セザンヌといった画家とも親交があり、絵画への関心も高かったことを知る。独学で作曲の勉強をしたという点、そして絵画へ関心を示したという点が共感を呼ぶ。

 

早朝の日記で、芸術教育、霊性教育、投資教育について少しばかり触れていたように思う。先ほど一日分のコーヒーを作っている最中に、全ては心だと言うのは唯神論的すぎるだろうし、全ては金だと言うのは唯物論的すぎるだろう、ということを考えていた。

 

この現代社会には片方の陣営の人間が多すぎる。仮に両陣営の中間に立場を取ったとしても、心についても金についても勉強しない人が圧倒的多数なのだ。

 

そのようなことをぼんやりと考えているとコーヒーができた。そこでまた極端な考えだが、どこか見逃すことのできない考えが浮かんだ。

 

結局、現代社会の学校で教わるような科目型教育は私たちの幸福にほぼ寄与しないのではないかという考えだ。端的には、それは心についても金についても何一つ真実を教えない欺瞞教育なのではないか。

 

現代社会の科目型教育は結局のところ、最終的には将来金を稼ぐという目標に還元されていくという特徴を持つ。それがタチが悪いのは、結局金を稼ぐことだけに従事するように無意識的に仕向けていくこと、つまり人生を単なる金銭獲得のための労働に無意識的に縛っていくことが気づかれない形で巧妙になされていることだ。

 

結局、現代社会の学校では投資教育の劣化版の教育が施されているのだと思う。投資の本質が理解できれば、人生を単なる金銭獲得のための労働に捧げることなどありえないと思うのだ。

 

学校では当然ながら表立っては言わないが、各科目を学ぶことの意義のベールを剥いでみると、結局そこには将来良い仕事に就くためや高い給料を得るため、という隠れた目的があるはずである。

 

そのようなことを考えてみると、つくづく学校というのは本当のこと、あるいは大切なことを教えてくれない場所なのだと思う。そこでは、心についても金についても何一つ本質的なことを教えず、教えられるのは将来金を獲得するための労働につながることばかりである——あるいは、金銭獲得に勤しむことを善なる行いとして盲信させることを促すばかりである。

 

表面的な知識だけが教えられ、人生の全てを金銭獲得のためだけの労働に捧げるように仕向けていく現代の教育には本当に大きな問題があるように思えて仕方ない。芸術教育、霊性教育、投資教育の重要性については今後も考えを深めていきたいと思う。

 

三つの教育の柱のうち、今日は霊性教育に焦点を当て、一昨日に街の古書店で購入したクリシュナムルティの教育思想に関する書籍を読み進めていく。フローニンゲン:2018/7/6(金)07:49 

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。