Recent Posts

2616. 失われゆく真理と叡智


早朝の空を覆っていた雲がどこかに消えている。今はうっすらとした青空が広がっている。

とても穏やかな雰囲気を漂わせている土曜日の午前中。小鳥の鳴き声が辺りにこだましており、時折目の前の道路を車が走り抜けていく。

書斎の窓から外を眺めてみると、犬の散歩をしている人やランニングをしている人の姿を見かける。穏やかな太陽の光りが街路樹を照らし、街路樹は優しい風に揺られている。

未だ眼の開かれぬ眠った人たちは真理など存在しないと述べるかもしれないが、そう述べるのは眼が開かれていないからであって、未だ眠っているからだ。先ほど、失われゆく真理について思いを馳せていた。

真理がこの世界からどんどん失われていく。実際には、真理は常にそこにあるはずなのだが、喪失感が自分の内側に漂う。

この世界は真理を失いつつある。そんな危機感を持っているのは私だけではないだろう。

真理の喪失は、そのまま叡智の喪失につながると言っていいかもしれない。過去の叡智が失われ、まだ見ぬ叡智がないがしろにされてしまっている。現代社会は真理や叡智を持たずしてどこに向かおうとしているのだろうか。

明日明後日あたりに集中して座禅をしようと思い立った。これは本当に突発的なな思いつきであり、同時に重要な思いつきであると言えるかもしれない。「思いつき」というよりもむしろ、何かに促されて私は座ることを決意したように思える。

座禅をしなくなってからしばらくたった。少なくともここ数年間は座禅をしておらず、欧州に来てからは一回も座った記憶がない。

確かに、毎日シャバーサナ瞑想のような形で昼寝をしているが、瞑想実践に関してもここ数年は時間を取って行うことなどなかったように記憶している。それがここにきて突如、座れという促しのようなものがあった。

この現象については説明がつかないため、これ以上語ることをしないが、明日明後日にはこの促しに従う形で久しぶりに座禅をしてみようと思う。どれだけ座るかはわからないが、できるだけ長く座ろうと思う。午前中に諸々のことを済ませ、午後から夜まで落ち着いた形で座ろうと思う。

先日、自分の内側にある内在的かつ刻印された日本人性を触知する経験をした。その日本人性は自分にとってとても大切なものとして知覚された。

その時の体験を思い出しながらデッサンをした。描かれるデッサンを眺めてみていつも驚かされるのは、その多様性だ。

それは内的感覚が多様であるからに他ならず、それが千変万化するような性質を持っているからだ。自分の内側の感覚もしくは心的イメージと呼ばれるものをデッサンするというのは、自分にとってとても実りの多い実践のようだ。

それは気づきの面においてもそうであるし、治癒と変容の面においてもそうだと言える。この実践は引き続き継続させていく。

自分の内側にある日本人性を超えて、誰しもの内側にある普遍性の発見に向けて一歩を踏み出していこうと思う。これはいつもと同じような決意のように思えるが、決意のたびにそこに含まれる意味はより深いものになっていく。新たな意味と新たな行動が何かを開いていくようだ。フローニンゲン:2018/5/26(土)11:04 

Recent Posts

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。