Recent Posts

⭐️【お知らせ】Back Number Vol 30 &31(記事581-620)


いつも「発達理論の学び舎」をご覧になってくださり、どうもありがとうございます。

過去記事581から620に編集をし、所々に追記をいたしました。

お役に立てる情報は少ないかもしれませんが、皆さんのご関心に合わせて、必要な箇所を読んでいただければ幸いです。

閲覧・ダウンロードはこちら:

Back Number Vol 30

Back Number Vol 31

目次(Back Number Vol 30)

581. 内省(リフレクション)に関する誤解

582. 表現活動

583. ピアジェの発達理論

584. 修練との一体化

585. 間主観的領域への関心

586. 日記について

587. 言葉の淀みと開放

588. 言葉の密度

589. ダイナミックシステムアプローチとR

590. 言語体系の構築へ向かって

591. シンタクラース祭

592. 二つのコーディングマニュアルの作成

593. ホロン階層を持つ発達課題

594. 身体性を喪失した者たちの成れの果て

595. 打たれる体験と魂の抜けた人たち

596. 真冬の成層圏

597. 下痢と咀嚼

598. 新・新ピアジェ派としての私

599.「キャリア形成」なるものについて

600. スキャフォールディングという支援の恩恵

目次(Back Number Vol 31)

601. 再帰定量化分析と言葉の開花

602. 無秩序の中の規則性

603. 小学生の頃

604. スキャフォールディングに囲まれて

605. 専門領域の「密教化」に抗って

606. 出発からの出発

607. 文章の執筆について

608. 適切な距離感

609. 書籍の執筆とオランダ語

610. 知的抱腹絶倒を常に感じて

611. 何気ない日常より

612. 第二弾の書籍の進捗

613. 啓示と観想の眼

614. 年内最後のクネン先生とのミーティング

615. 執筆後の感覚

616. スペクトラル解析

617.「複雑性と人間発達」第五回目のクラス

618. 帰国前日の止まない読書

619. 日本へ向けて

620. 東京到着

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。