Recent Posts

2070. 夕方に向かっていくひと時


今日も相変わらず雨が降り続ける一日となっている。「そういえば昨日は日曜日であり、今日は新たな週の開始を告げる月曜日である」ということに、午後の三時を迎えて初めて気づく。

昨日は、早朝に日記をまとめて執筆して以降、そこからは一切文章を書かなかった。確かに、英文でレポートをまとめたり、研究計画書を修正したりすることは行っていたのだが、日記のような形で文章を書くことは早朝以降全くなかった。

やはり一日の半ばか夜にもう一度文章を書くことが私にとっては望ましいように思う。文章を書くことによって、心身が滑らかになるような感覚がある。

それは心身のみならず、自分を取り巻く物事がうまく進んで行くことにも繋がっている。文章を絶えず執筆することは、自己のみならず自己を取り巻く事柄を前に進めていく上で非常に意味があるらしい。 今日は午前と午後に、二つのオンラインミーティングを行った。片方はプロジェクトも佳境に入り、もう片方はここ最近始まったものである。自分のなすべき仕事を着実に進めていきたい。 今日はこれから、「応用研究手法」のコースの最終課題について、昨日送ってもらった友人のラーナのレポートに対してフィードバックコメントをする必要がある。このフィードバックコメントも課題の中に含まれる一つであり、分量としてはワードに半ページほどのものとなる。

ラーナが割り当てられた研究手法は、 “difference in difference”というものであり、それを用いた彼女の研究アイデアと研究デザインに対してフィードバックをする。フィードバックに盛り込むべき事柄は、彼女の案について二つの肯定的な側面と二つの課題である。

それらについて私の考えを盛り込みながら、ワード半ページほどにまとめていく。この課題が終われば、いくつか返信するべきメールに対して返信を行う。

一つは、今年の秋から客員研究員として所属しようと思っている大学院のアドミッションへのメールである。その他にも仕事関連でいくつかメールを返答をし、それらが終われば、福永武彦氏の短編小説を二つか三つほど読み進めたいと思う。

雨がまた強くなり、空を飛ぶ鳥が少々困っているように見える。雨のせいもあってか、三時を迎えたばかりなのに、通りを走る車はヘッドライトを明々と灯している。フローニンゲン:2018/1/29(月)15:09

No.703: Reflection After Poster Presentation

Even after my poster presentation, I was still thinking about my research; or I can say that I was still digesting each comment and question by the audience.

First, I’ll reconsider units of analysis. My previous idea was to detect a type of variability in each week’s lectures.

My targeted MOOC has seven weeks lectures, and I can reveal what kind of variability weekly lectures have.

However, it might be possible to capture a variability type in each lecture. Of course, DFA (detrended fluctuation analysis), which I’ll utilize in my study, requires me a sufficient amount of data set.

However, if I reduce the size of analytical units, it may be possible to detect a variability type in each lecture. I just checked my data sets, and I found that it would be possible to utilize DFA for each lecture, though the average number of data points is just more than 70, which is relatively small.

If I can reveal a variability type for each lecture, I can show a fine-grained picture of MOOC contents.

Second, I need to add one more perspective on my research questions. my original intention was to investigate the effect of the variability of MOOC lectures on the variability of leaners’ online comments and on the weekly test scores.

I plan to apply a simple correlation analysis and regression analysis. Here, I just wanted to examine the cause-and-effect relationship between lectures and learners’ activities, yet there is another possibility, which was pointed out by one of the listeners to my presentation.

I can explore not only the relationship between the variability of lectures and that of learners’ online comments, but also the relationship between the variability of learners’ online comments and weekly test scores.

I determined to add a new arrow between these variables. Groningen, 15:39, Wednesday, 1/31/2018

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。