Recent Posts

1753. 探究心に燃えた人間の隣で


一昨夜に見た夢は大変印象に残るものであったが、昨夜の夢はそれほど印象に残るものではなった。おそらく、昨夜の夢も印象に残っている方だと思うが、いかんせん、一昨日の夢の印象が強かったために、印象の比較による希薄化がなされているように思える。

昨日は夢の中で、ある研究棟のような場所で仕事をしていた。顔は分からないが、自分が師事している教授と共に研究棟の外にある公園を私は歩いていた。

その方は日本人であり、どういうわけか私は自然科学系のその教授に師事をして研究を進めているようだった。公園を歩いていると、突然その教授は、自然科学系の研究予算の話をし始めた。

教授の話を聞きながら、金額として、自然科学系の研究予算は、社会科学系のものとは額が一桁か二桁異なるのだということを身にしみて理解した。

公園内をしばらく一緒に歩いていると、その教授は私が社会科学系の研究を行っているということを忘れているのか、自然科学系の研究をするための予算を確保することがいかに難しいか、そして、社会科学系の研究程度の予算規模であれば、それを確保するのがいかに容易かを皮肉めいた形でしゃべり始めた。

教授の話に静かに耳を傾け、真実の度合いが高いものと低いものを区別している自分がそこにいた。研究棟に入り、自分たちの研究室に向かうために、エレベーターで上がっていくと、途中の階でエレベーターが止まった。

エレベーターのドアが開き、目の前には二人の男性が立っていた。おそらく、彼らも何かしらの研究員だろう。

私の横にいた教授がその二人の男性に向かって、研究棟の名前を確かめた。エレベーターが開いた瞬間に、どうも普段自分がいる場所とは異なっている様子をその教授は感じたのだろう。

二人の男性は、教授の質問に対して、研究棟名を教えてくれ、結局、私たちは間違った研究棟にいることに気づいた。私たちが普段研究をしているのは、「研究棟北G」である。

北にある研究棟に戻るために、エレベーターで下までおり、再び公園内を歩いて目的の研究棟に行こうとした。すると、脳内で大きな地図が立ち上がり、私たちの研究棟は東京の立川駅の前に位置しているイメージが見え、その教授が向かっている先はまたしても間違ったものだった。

研究棟に戻ることに関しては、特に急いでいるわけではなかったので、教授の歩く方角に従い、大きな遠回りをして自分たちの研究棟に向かうことにした。随分と遠回りをした後、ようやく研究棟に到着し、自分たちの研究室に戻った。

研究室の窓際には、六人ぐらいが使える長机が置かれており、ある会社の社長を務める方が長机の一番左に座って、何やら熱心に勉強をしている。その方とは面識があり、私は声をかけた。

その方は、長らく会計学を専門的に扱っており、今もまだ会計学の探究に余念がないようだ。私が話しかけると、すぐにこちらを振り向き、その瞬間まで取り組んでいた問題を私に見せてくれ、その問題を解くことの楽しさを教えてくれた。

何かを純粋に楽しむ子供のような無邪気な表情をその方は見せていた。探究への充実感が私に伝播し、私もその方の右横の席に座って、窓越しに外を眺めながら自分の探究を始めた。

何の専門書を自分が開いていたのかはわからないが、絶えず笑顔を見せながらテキストを食い入るように眺めているその方の様子は、私の内側の情熱を静かに掻き立て、同時にその方への敬意の念を強くさせていった。

その方と私は時を忘れてしばらくの間、各々のテキストを熱心に読んでいた。夢から覚める最後の最後まで、私たちは自らの探究に没頭していた。2017/11/8(水)06:59

No.398: Maria João Pires’ Concert at Groningen Yesterday, a big surprise happened to me.

After getting up in the morning yesterday, I approached the window to open it.

Taking a glance at a signboard on the street from the window, I noticed that the person on the signboard looked familiar with me.

I thought that I saw her somewhere before. Then, I realized that she was a famous pianist, Maria João Pires.

I was wondering about whether she would come to this northern city in the Netherlands. I checked the internet for the information.

What a surprise! She will come to Groningen this weekend.

Probably, the last time I went to a music concert was four years ago when I lived in New York.

Since I thought that this was a serendipitous opportunity, I promptly made a reservation for the concert.

I went to the Hoge Veluwe National Park last weekend, this weekend will be also marvelous because of the fortuitous opportunity to attend the concert. 08:11, Tuesday, 11/21/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。