Recent Posts

1707. 卒業式の夢


今朝はいつもより少し早く、五時前に起床した。目覚めと共に、ものすごい勢いの風が吹いていることに気づいた。

轟音が辺りにこだまする。数週間まえも風の強い日が何日かあったが、それ以上に強い風が今外の世界を吹き抜けている。

真っ暗闇の外の世界に、風に揺られる木々の音だけが聞こえてくる。天気予報を確認すると、どうやら明日からも風が強い日が続くらしい。

それにしても、この風の強さは尋常ではない。何かをなぎ倒そうとするかのような風であり、全てを洗い流そうとするかのような風である。

風が生み出す轟音に耳を傾けながら、昨夜の夢について思い出していた。 昨夜は二つほど、印象的な夢を見た。起床した瞬間に、どちらも共に覚えていたのだが、早朝の仕事に取り掛かる諸々の準備をしている際に、片方の夢を忘れてしまった。

もう一つの夢は、中学校の卒業式に参加する夢だった。卒業式の前日に、仲の良かった友人何名かと一緒に、一階建ての一軒家に宿泊していた。

明日に控えた卒業式を前に、これまでの思い出話を語り合っていた。気づけば時刻は深夜を過ぎており、明日の式に遅れないように就寝しようと思ったが、その場にいた全員は、思い出話を話すことをやめたくないようだった。

結局、就寝した時刻は早朝の四時だった。全員は式の直前に起床し、急いで身支度を始めた。

私は身支度よりも先に、なぜだかトイレ掃除を始めた。トイレ掃除を始めると、一人の友人が、「以前のトイレはもう処分していいよね?」と尋ねてきた。

どうやらこの家のトイレは、簡単に取り外しが可能のようであり、私は以前のトイレをごみ捨て場に捨てていたようだ。友人の質問に対して、私は快諾の答えを述べた。

式の時刻が迫ってきても、一向に私は身支度を始めようとしなかった。友人たちが次々と冬用の制服に身を包み、着実に身支度を進めている。

そこで私はふと気づいた。自分はどうやら制服を持参しておらず、オーダーメードのスーツしか持っていないことに気づいたのである。

そのことを友人に伝えると、「原則は制服だよ。スーツはちょっと目立ちすぎるんじゃないか?」と一人の友人が述べた。確かに、中学校の卒業式にオーダーメードのスーツを着るというのは、あまり話に聞かない。

制服で参加するのが最も良いだろうと私も思っていたが、それが手元にないのであるからどうしようもなかった。式の開始の時刻がいよいよ迫ってきた時に、結局私は式に参加しない決断をした。

身支度を終えた友人たちを家から送り出し、私はしばらく早朝の朝日を眺めていた。地面に降り注ぐ太陽光は真っ黄色であるにもかかわらず、太陽そのものはとても薄い黄色を発していた。

太陽の発する薄い光に一瞬目を閉じた時、夢の場面が変わった。 時刻は五時半を回った。外側の世界では、相変わらず轟音が鳴り響いている。

何かを暗示しているかのような轟音である。轟音に対比するかのように、自分の心は静かな音で満たされている。

今日はどのような日になるだろうか。2017/10/29(日)05:37

No.352: The Future Economy of Virtual Currency I was thinking about the future economy of virtual currency last night.

Thus, I did not take time to compose music yesterday. Although I have engaged in the field of developmental science for the last seven years, my previous academic background is economics and finance.

My interest with those fields is not so strong, but I am still curious about them because these domains are closely linked with our daily life.

I suppose that the economy of virtual currency in particular has been the center of attention in the field of modern finance.

I took a couple of hours last night to contemplate future trends and systems of virtual currency.

The field is not my expertise, but I will continue to pay attention to it. 07:33, Saturday, 11/4/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。