Recent Posts

1698. 整備された庭園と不可能なバランス

November 6, 2017

夢の中の殺人犯の姿がまだ心の眼に焼き付いている。あの夢には、実はまだ続きがある。

 

犯人の姿を目撃し、その場から立ち去るようにショッピングセンターを後にした友人と私は、犯人から逃げるように、突然走り出した。夢の中の街は非常に栄えていたが、街の中心部から外に出ると、そこは自然に溢れていた。

 

背の高くない木々が無数に植えられている砂利道を、友人と私は走っていた。友人の走る速度は極めて速く、私は徐々に彼についていくことが難しくなっていった。

 

そのため、私は空を飛んで移動することにした。友人の頭上を飛ぶ形で、私たちはあてもなく砂利道を進み続けた。

 

すると、目的地などなかったはずの私たちの目の前に、フェンスで仕切られた庭園が現れた。その庭園には、色とりどりの花が植えられている。

 

私はその庭園の様子を上から眺めていた。すると、庭園の真ん中を貫く一本の道に、友人がショッピングセンターからここまでたどり着くのにかかった時間が表示されていた。

 

私は空を飛んで、一足早くこの庭園の上空にたどり着いたが、友人はまだ地上を走り続けており、あと少しでこの庭園にたどり着くところだった。庭園を貫く道に大きく表示された時間が、秒単位で刻まれていく。

 

「1:10:27」という表示を最後に見届けると、ちょうど友人が庭園にたどり着いた。私は依然として、庭園の空の上にいた。

 

どうやら、庭園の先に出口のようなものがあり、そこにたどり着くことがその瞬間の私たちの目的であった。友人が地上から声をかけてきたこともあり、私は上空から庭園内に足を踏み入れた。

 

庭園内の色とりどりの花々はよく手入れがされており、花々の大きさと高さが整えられていた。それらの花々はどれも地面に植えられており、それらの高さは、人間のかかとの高さほどでしかなかった。

 

この庭園に関して一つ奇妙なことがあった。それは、この広大な庭園の中に、友人と私以外に誰もいなかったことだ。

 

友人よりも半歩ほど前の距離で歩き続けていた私は、庭園の出口の前に、小さな小川が流れていることに気づいた。その小川はとても小さく、小川というよりも、小さな水路だと言ったほうがいいかもしれない。

 

人がまたげばすぐに飛び越えてしまえるぐらいの水路が、色とりどりの花々が植えられている地面を取り囲んでいた。私がその水路を飛び越えようとすると、水路の中に埋め込まれていた杭のようなものを踏んでしまった。

 

しかし、私はそれについて特に気にかけることなく、友人よりも先に庭園の出口から外に出た。外に出て、フェンス越しに後ろを振り返ると、友人はまだその庭園内に残っており、突如として、庭園の出口が小さくなり始めた。

 

同時に、庭園内のフェンスが壁に変わり、その壁から大量の水が庭園内に流れ込み始めた。どうやら、先ほど私が踏みつけた杭は、そのスイッチの役割を果たしているようだった。

 

その間にも出口がどんどんと小さくなり、友人はその庭園から抜け出せるかどうか危うい状況になった。友人が出口のある扉に駆け込んできた時に、夢の場面が変わった。

次の場面では、日本語が比較的流暢な米国人と何やら会話をしていた。その米国人男性と私は知り合いではなく、私たちは初めてそこで会話を交わすような間柄であった。

 

彼は口数の多い男であり、最近出くわした悔しい出来事について突然話し始めた。聞くところによると、彼はここ最近になって武道を始めたようであり、昇級に苦戦しているとのことだった。

 

話によると、数日前にようやく五級の試験を突破したようだ。彼の話に耳を傾けていると、徐々に彼の話に興味を持ち、五級の試験内容について尋ねてみた。

 

すると彼は突然、自分の片腕だけを用いて自分の全体重を支えるポーズを示してくれた。腕立て伏せをする時には、基本的に両腕と両足の四点が地面に接しているが、そのうちの三点を宙に浮かせ、一点だけで全身を支えるというポーズだ。

 

彼が示してくれたポーズを見たとき、それぐらいであれば、自分もすぐにできると思い、彼の横でそのポーズを取ろうとしてみた。すると全くうまくいかなかった。

 

私の頭の中には、ヨガの中で似たようなポーズがあり、そのポーズを行ったときの記憶があった。しかしよくよく思い出してみると、ヨガのそのポーズは、全身を一点ではなく、二点で支える。

 

ヨガのそのポーズでは、片腕と片足の二点を地面に着け、もう片方の腕と足を宙に浮かせる。私は彼が示したポーズに何度も挑戦してみるとが、一向にうまくいかない。

 

私は絶えず、自分の重心がどこにあるのかを考え、その重心が、地面を支える一本の腕を通じて地軸と合致した時にそのポーズがうまくいくのではないかと思った。何度挑戦しても無理であったため、さらによくよく考えてみると、片腕で逆立ちをすることは可能であったとしても、胴体を地面に平行にさせる形で、片腕だけを用いて全身を支えることは、原理上不可能なのではないかと思った。

 

だが、実際にその米国人は、そうした不可能なことを成し遂げていた。このポーズを今この瞬間に行うことが無理だと分かったため、私は彼とまた会話を続けた。

 

会話が終わり、一緒にその場から立ち去ろうとすると、その場所は、オリンピックに使われるような立派な体育館であることに気づき、立ち去ろうとするその米国人に対して、体育館にいた観客のような人たちが彼に大きな拍手を送り始めた。

 

私たちは、彼らの存在に一切気づかなかったが、彼らは私たちが難解なポーズに取り組む姿を体育館の上から見ていたようなのだ。

 

バランスを取ることが不可能だと思われるポーズを見事にやってのけたその米国人男性。そして、そのポーズに果敢に挑む私がそこにいた。2017/10/27(金)08:07
 

No.343: Argumentation Diagrams
To enhance my argumentation and memory retention, I thought that drawing argument diagrams would be beneficial. 

 

Some research reveals that it can augment our argumentation skills and solidify factual and conceptual knowledge. 

 

The more I learn in diverse fields of academia, the more knowledge I have to digest. 

 

The current situation requires me to grasp a voluminous amount of knowledge. To meet the requirement, argumentation diagrams are a candidate for an effective learning tool. 

 

I try to experiment drawing argumentation diagrams by applying a classical tool of mind mapping. 16:46, Tuesday, 10/31/2017

Tags:

Please reload

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

Please reload

Recent Posts
Please reload

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。