Recent Posts

1695. 召喚と派遣


今日も気付けば夕方の時間を迎えていた。どこか毎日同じことを書き留めているような気がする。しかし、そうした一見同様の感覚に思えることでも、その中には確かな差異がある。

それを学んできたのが、昨年一年間の欧州での生活だった。日々の生活の中で自分が考えている主題そのものは、もしかすると多分に同一のものかもしれない。

だが、毎日必ず新たな気づきや発見が得られるということに対して、私は毎日驚きと感謝の念を持っている。毎日の行為や実践の外見は全く同じでありながらも、内実は全く異質なのだ。

そうした内実の差異が、実際には外見上の微細な差異となって滲み出す。そのため、心眼を凝らして観察してみれば、日々の行為や実践の外見上においてすら、確かな差異を見つけることができる。

昨日と今日の間にどのような差異があっただろうか。明確な差異をすぐに列挙することは難しい。なぜなら、本質的に私たちは、歴史性と連続性を併せ持つ存在だからだ。

昨日という歴史が今日とつながり、両者の間には諸々の連続性がある。そうした特徴を踏まえてみると、自己の内側に日々何かしらの差異を見出していくことは困難なのかもしれない。

だが、もう一つ忘れてはならない特徴は、私たちは本質的に差異を生み出す存在だ、ということである。歴史を踏まえ、連続性のさなかにあって、私たちは絶えず差異を生み出しながら人生の歩みを進めていく。

もしかすると、歴史や連続性が差異を生み出すというよりも、差異が先行する形で歴史と連続性を生み出しているのかもしれない、というようなことを思うことがある。 今日は午前中に日本企業との協働プロジェクトの仕事が入っていたため、午後から昨日に引き続き、「評価研究の理論と手法」のコースのテキストを音読していた。自分に説明するかのように、絶えず音読をしていると、時を忘れる速さで二時間半の時間が過ぎた。

テキストから視線を外し、ふと書斎の外を眺めた時に、辺りが薄暗くなっていたのだ。日々の私が行っていることは、本当に書くことと読むことだけに集約される。

誰も見ていないところで絶えず書き、絶えず読むという行為を継続させている。その姿は自分だけがどこかで見守っている。

そうした行為の合間合間に、読むこと書くことを通じて得られた少しばかりの知見を用いながら、様々な関係者の方たちと協働作業に従事しているというのが、現在の自分の生活の姿だろう。

先ほど、一呼吸を入れるために立ち上がった時、「自分は何かに遣わされた存在なのかもしれない」という思念と遭遇した。自分が日々をこのような形で生きていることの背後には、何かからの「召喚」、もしくは、「派遣」と呼べるような現象が潜んでいるのではないかと思う。

おそらく自分がこの世界に誕生し、この世界で生きていくことの意味と意義は、そうした召喚や派遣の責務を全うすることにあるような気がしてならない。自分の人生を、自己を超えた次元で形成される意味の中で生きれるようになったことは、自分の中での大きな変化の一つであるように思える。

毎日、絶えず読み、絶えず書くという行為を行っているのは、遣わされた任務を全うするためなのだ。なぜ自分が日々、探究行為に打ち込んでいるのかという理由は、もはや個人的なものではなくなり始めている。

何かに絶えず見守られ、同時にその何かに仕えているというこの確かな感覚。それが自分の背中を支え、自分の背中を後押ししている。2017/10/26(木)18:13

No.340: Paraphrasing as Metacognitive Activities I mentioned the effectiveness of paraphrasing on knowledge acquisition.

Metacognitive activities may exist in the underlying mechanism.

When I paraphrase what I read, I have to take a metacognitive perspective on it in an epistemological sense.

It may drive my learning process. Writing also involves metacognitive activities, and thus it is beneficial to knowledge acquisition because it is active learning and it stimulates our brains.

I am gradually grasping why paraphrasing and writing are effective for our learning. 11:34, Tuesday, 10/31/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。