Recent Posts

1632. 課題の整理


昨夜も就寝前についつい考え事をしてしまっていた。現在、フローニンゲン大学での二年目のプログラムも順調に進んでいるのだが、目の前に差し迫っている課題の量が昨年のこの時期よりも多いのは確かだ。

昨夜無事に、「学習理論と教授法」のコースで要求されている共同論文のドラフトを担当教授に送った。来週はこの論文に関するプレゼンがある。

当初、グループメンバーには、私がプレゼン資料を作り、自分がプレゼンを担当することを伝えていた。しかし、昨日のレビューの際にも思っていたが、論文の担当箇所ごとにプレゼンスライドを作ってもらった方が効率的であり、なおかつ内容も充実しているだろう。

さらに、論文の後半箇所を私がプレゼンするよりも、後半部分を一番詳しく知っているメンバーにプレゼンを任せた方が良さそうだ。ちょうど今日の午前中にクラスがあり、メンバーと会うであろうから、その旨を伝えたい。

とにかく、一人で仕事を抱えるのではなく、分担できることは分担した方がいい。でなければ、現在抱えている複数の課題に首を絞められることになってしまうだろう。

プレゼン資料作成の分担ができれば、明日にでも自分たちの論文の概要と自分が執筆した箇所のプレゼンスライドを作っておこうと思う。ここでその他の課題についても整理をしておいた方が良さそうだ。

今日の午後に「評価研究の理論と手法」のクラスがあり、それに引き続いてコンピューターラボがある。先週初回のコンピューターラボに参加したが、その場でその週の課題に取り組み、質問があればその都度講師に行うような形式で実習が進んで行く。

先週は、二時間の実習の中で、分析からレポートの作成まで終わることはなく、結局課題を持ち帰ることになったため、今週もそのような形になるだろう。この課題では、与えられたケースを読み、必要な統計手法を選択し、分析結果をレポートにまとめていくことが要求されている。

厳密には、単なるデータ分析ではなく、その日のクラスに取り上げた、実証的教育学の概念について説明させる問いも含まれており、定量的かつ定性的な課題となっている。今日のクラスで取り上げられるトピックは、信頼性と妥当性であり、特に後者を中心に取り扱うことになっている。

そのため、妥当性に関する分析をコンピュターラボで行うことは一つ予想される。実習の際にできるだけ課題を終わらせ、持ち帰る量を極力減らしておきたいと思う。

今回の課題は基本的に一人で取り組んでいるが、先日知り合いになった、オランダ人のハーメンと意見交換をすることがとても有意義であり、彼の統計知識に助けられることも多々あり、今回もまた週末あたりに意見交換をすることにしたい。

最後に今週末は、「実証的教育学」のコースで要求されている最終論文の執筆を進めておきたい。以前に数章分のドラフトを執筆していたが、それっきりとなっている。

こちらの論文は一人で執筆することができるため、ここからは一気に執筆を進めていきたいと思う。今週末の丸二日間を使えば、論文のほとんどの箇所が完成するのではないかと思う。

11月の初旬までは、課題と最終試験に向けた学習に専念したいと思う。2017/10/9(月)07:34

No.277: Never Too Late to Begin Perhaps, I am oscillating between my doubt and belief on science, but I realized today that I could not resit my zest for scientific work.

My inner voice at the deepest location of my spirit whispers to me that I can trust and follow my path to live my entire life as a scientist.

No matter how much time it takes, I will finish a PhD program in my near future. Is it too late to begin an academic career after I am 40 years old to finish my third master’s program and to obtain two doctoral degrees?

I would like to follow the fundamental principle of human development and learning: “Slower is better.”

This is what Jean-Jacques Rousseau said, which encapsulates the universal truth of human development and learning. 20:18, Monday, 10/9/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。