Recent Posts

1609. 美文より駄文


早朝の目覚めと共に、文章を書くことについて考えていた。むしろ、考えさせられていたと言った方が正確かもしれない。

書籍や論文を執筆するのとは異なり、日記を執筆する際には、基本的に読み手を自分だけに想定する。読み手を自分だけに限定する中で文章を執筆することに伴う、なんとも言えない快楽について少しばかり考えていた。

私が日々ここで記している文章は、自分を読み手に想定し、自分に対して何かを言い聞かせているかのような形式を取っている。そうした形式で文章を執筆していく中で、時に憤りの感情や感動的な感情に包まれることがある。

そして何より、読者を自分だけに想定して文章を書くことは、書くこととの一体感をもたらす究極的な快楽の中に自分を誘う。自分の内側にある真実を隠蔽し、それらを骨抜きにした文章はことごとくつまらない。

書籍や論文の中でそうした文章に出くわすと非常に残念な気持ちになる。興味深いのは、作者が徹底的に自分自身を読者として想定しながら、内側の真実を言葉で表明していった文章はどれも面白いということだ。

当の作者は自分自身に向けて文章を執筆しているのだが、気づけば私も読者になっているのだ。こうした文章が本当の文章のように思える。

最初から多くの読み手を想定し、他者に迎合する形で書かれた文章は、伝わってくるものがどうしても希薄なのだ。私が最も心を打たれる文章は、そのような形で書かれていない。

作者が自分自身を究極の読者に想定し、自分に向けて内側の真実を語りかけている文章は引き込まれるものがある。おそらく、一人の人間の内側の真実は、突き詰めていけば、他者の内側の真実と共通する地平に降り立つのだろう。

であるがゆえに、個人の内側の真実が刻まれた文章に対して、他者が共感の念を起こすのである。内側の真実を隠蔽する文章が、他者を表面的にしか引き込めないというのは、その点と関係しているだろう。

現代社会において私たちは、誰かに読んでもらうことを過度に意識した文章しか書いていないのではないだろうか。これまでの学校教育の中でもそうであり、組織人になってからもそうである。

内側の真実に光を当てるという行為が何なのかわからず、自らの真実に絶えず蓋をしながら生きて行くあり方。そのようなあり方で書かれる文章は全て、自らの真実が一切滲み出てこない内容のものばかりである。

現代社会の多くの人はそのように生き、そのような文章しか書いていないのではないだろうか、と強く思わされる。そこにいるのは常に他者であり、そこに自分はいない。

自己の存在が滲み出さない外見上の美文より、自己の存在が滲み出す外見上の駄文を読みたい。この世界は数多くの文章で溢れているが、自分が心から読みたいと思う文章が少ないのは、そうした事情と関係しているだろう。2017/10/1(日)07:32

No.254: Two by Two Motivation Matrix Before I forget today’s lecture, I will write down what I was thinking in class.

Today’s topic was motivation for learning. I have often seen articles about students’ motivation for learning.

For instance, I have frequently seen articles addressing the importance of intrinsic motivation for learning. However, I have forgotten teachers’ motivation for teaching to determine the quality of education.

I was drawing a two by two matrix in my mind to depict the relationship between both motivation of learners and teacher. The matrix describes the extent of intrinsic motivation between learners and teacher.

For example, when learners’ intrinsic motivation is high, that of teachers might be high. The causal link between the two is not unidirectional but probably bidirectional.

I was thinking about the optimal combination between both parties’ intrinsic motivation. The ideal situation is that both intrinsic motivation is high, but the case is not so simple.

If a teacher has strong intrinsic motivation for teaching, teachers might unnecessarily control students and the learning environment in an unconscious way, which could reduce learners’ intrinsic motivation.

I will look for some research on the relationship between teachers and learners’ motivation. 11:16, Monday, 10/2/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。