Recent Posts

1449.「日記的作曲」実践に向けて


今日はとても寒い日だった。まだ八月中だというのに、室内では上着を着用し、長ズボンを履いている。

今日一日の天気を振り返ってみると、起床直後の薄い雲が雨雲に変わり、まずは午前中に激しい雨が降った。夕方、美しい天気雨と遭遇したことがとても印象的だ。

小さな雨粒の一つ一つが太陽光に照らされ、輝きながら地上に降り注ぐ姿はとても綺麗だった。太陽の光に照らされると、雨粒は一つ一つが確かな存在感を放っていた。

単純に夕日に照らされた黄金色の世界の中に雨が降る様子が美しかったのではなく、一つ一つの雨粒が個性を持ち、その一つ一つの輝きが美しかったのだ。その美しさに思わず書斎の机の前から離れ、窓辺に近寄った。天気雨の輝く姿を窓越しにずっと眺めていた。 夕食を食べ終えた今はまた晴れ間が広がっている。日が沈むのが早くなり始めたとはいえ、現在の時刻である七時半はまだ夕日の輝きが残っている。

ここから一時間ほどが今日の夕日の最後の輝く時間帯となるだろう。午前中の激しい雨、そして夕方に襲った天気雨が嘘のように、辺りは静かにたたずんでいる。

夕方から夕食前にかけて、オンラインゼミナールの第五回目のクラスに向けた説明資料を作成していた。資料の完成にめどが立ったところで、作曲について少しばかり考えていた。

日記を執筆するように、日々の思考や感覚を音楽として表現すること。日々移り変わる内側のリズムとメロディーを日記を書くかのように曲にしていくこと。つまり、「日記的作曲」実践の実現に向けて少しばかり考えていた。

昨日、実際にその瞬間の内的現象を曲にすることを試みたところ、作曲の実践を始めた頃に比べると随分とその進歩が見えた。感覚的に、日記を100万字ほど執筆したあたりから、日記を通じた様々な変化が自分の内側で確認されるようになった。

それを考えてみると、作曲に関しても100万小節作成してみた時に初めて、音楽言語を通じた表現技法と自己の内側の双方に変化が生じるのかもしれない。ただし、曲を作ることが文章を生み出すほどに自由自在になっていない現段階では、100万小節を生み出すことはそれほど容易なことではない。

そのため、例えば一日に20小節ほど、自己を捉えて離さない思考や感覚を音として表現していく。そうすると、一年でおよそ7,200小節を生み出すことが可能であり、一年半ほどこの実践を継続させると、1万小節ほど作成することができる。

作曲における小節の数と文章執筆における文字の数を比較してみた時に、作曲において小節を生み出すことの方が難しいであろうから、1万小節に到達するのですら容易ではないだろう。しかし、1万小節というのは、作曲実践における一つ大きな区切りの地点であるように思う。

今日から実践しようと思っているのは、何気なく生まれてきたメロディーをその場その場でボイスレコーダーを用いて録音し、短い小節でも構わないので、特定の思考や感覚・感情に着目をし、それを音として表現しきれるところまで表現することである。

その際に、主題となる思考や感覚・感情について表現が終わったら、必ずタイトルを付けることにしたい。これを毎日継続していけば、 “desolate”と“desparate”の差異を音として表現することができるだろし、“soul”と“spirit”の明確なる差異も音として表現できるようになってくるだろう。

とにかくおびただしいほどの数の小節を生み出していくことが実践上の鍵となる。外国語を話そうとしない者に外国語が話せるようになるわけはなく、日本語話者は日本語の文法書を握りしめながら日本語が話せるようになるわけではない。作曲でも全く同じだ。

とにかく曲を作る過程の中で音楽文法を付随的に理解し、曲を作ることによって作曲の技法を洗練させていくという道を歩む必要がある。まずは1万小節の創出へ向けて今日から一歩一歩進んでいきたい。2017/8/19(土)

No.95: A Wonderful Day Today was a fruitful day as usual. In what way?

Unfortunately, it is asinine to try to find the meaning or reason to define what a wonderful day is.

We feel a day as fruitful in a translogic and transversal sense. I just felt that today was wonderful as it was.

The setting sun in the sky of Groningen is a paragon of beauty to symbolize that today was a wonderful day. Friday, 8/25/2017

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)