Recent Posts

926.【ザルツブルグ訪問記】今が永遠に、永遠が今に変わるとき


再び読みに読み、書くに書く生活が始まるとなると、私は居ても立っても居られない歓喜に包まれる。ウィーン国際空港を出発し、オランダに向かう飛行機の窓からは、ドイツ上空を覆う分厚い雲が眼下に見えた。

これからどのような分厚い雲が自分を取り巻いたとしても、もはや私はそれらの雲を突き破ることができる。これは譲れぬ確信であり、ある種の覚悟と言えるかもしれない。

オーストリアへの旅行の前後において、もう一度私は外側の世界と内側の世界の双方が重要であることを確認した。物質的な外面世界を強調するのでも、精神的な内面世界を強調するのでもない。

両者はともに、このリアリティを構成するために無くてはならないものなのだ。両者の存在を等しく認め、両者を通じて生きることが大切なのであり、決して片方の極に向かって走ってはならない。

外側の世界には常に内側の世界が関与し、内側の世界には常に外側の世界が関与していることを忘れてはならない。そのようなことを最近改めて思う。

オーストリアで過ごした一週間は、私にとって何物にも代え難い体験となった。言葉が麻痺するほどの、存在が静かに震撼するほどの体験の渦に飲み込まれるような七日間だったように思う。

オーストリアへの旅行までの日々は、敬虔な念の中で規則正しく刻み込まれるような毎日であった。毎日の就寝前に、常に神妙な思いの中で一日を終えていたことを思い出す。

一日という一つの時間単位が一秒と変わらぬような速さと重さで過ぎ去っていくように感じられた。一方、オーストリアでの七日間は、振り返ってみればあっという間だったのかもしれないが、とても長く感じられるような時間密度を持っていた。

時間という現象は大変興味深く、それを超越した世界で生きる時、一日という単位が一瞬にも永遠にも感じられるのだ。いや、一日を構成する一秒一秒は、一瞬であるのと同時に、即永遠になるのだ。

ここに私は、永遠の中で生きる道を見出したと言っても大げさではないだろう。一粒の砂は無限であり得るのと同じように、一瞬の時間は永遠であり得るという真実を忘れてはいけない。

その真実を通じて生きなければならないのだ。ここに一人の人間が深く生きることの道が存在しているように思う。

ウィーンでシューベルト記念館に訪れた時、今の私と同じ年齢でこの世を去ったシューベルトに思いを馳せていた。記念館にひっそりと展示されていたシューベルトが掛けていた眼鏡を眺めながら、この偉大な作曲家が見出した永遠性を私も共有し始めたような気がしていた。

シューベルトと同じく若くしてこの世を去ったモーツァルトにしても同様だ。彼らはともに、短い期間で人生の幕を閉じたが、幕が閉じられる前に、永遠の世界に参入していたのだ。

人の一生の長さに実は大差などない。生きる時間の長さに大差がないのであれば、なぜ深く生きようとしないのか。深く生きることは永遠の世界に至る唯一の道であり、永遠の中で生きることだと思うのだ。

また、永遠の中で真に生きる時、過去に戻ろうとするような作為や未来に進もうとする作為も生まれてこないはずである。常に今というこの瞬間の中で生きることを通じて、日々が、そして一瞬が、常に永遠の相を帯びたものとなる。

確かに私たちは、永遠に生きることはできない。だが、永遠に生きることは不可能でも、永遠の中で生きることは可能なのだ。

毎日が、日々の一瞬が、常に永遠なものに触れていることを実感し始めた私は、なぜだかそのようなことを思うのだ。2017/4/10

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。