Recent Posts

⭐️【お知らせ】Back Number Vol 22 & 23(記事421-460)


いつも発達理論の学び舎をご覧になってくださり、どうもありがとうございます。

寒暖の差が激しい二月末、体調にはくれぐれもお気をつけください。

それでは、過去のブログ記事421-460に加筆・修正を加えたBack Number Vol 22と23を共有させていただきます。

皆さんのご関心に合わせて、必要な箇所だけを読んでいただければ幸いです。

閲覧・ダウンロードは下記より:

Back Number Vol 22

Back Number Vol 23

目次(Back Number Vol 22)

421. フリジア人

422. 飛行機雲、書籍、そして三日月

423. 企業組織における個人の創造性とイノベーション

424. 創造性の街フローニンゲン

425. 言葉の召喚作用と知識の体系化

426. 内なる原形

427. 理論創出方法について

428. 11月開講予定の新ゼミナールについて

429. 変わらぬ休日

430. 物質的かつプロセス的な知識

431. 大空を羽ばたく二羽の鳥

432. 感性の通り道

433. 変化と不変

434. 啓蒙書

435. 研究プロセスにおけるホロン階層について

436. 有意味と無意味を超えて

437. 熱感

438. 多様な文化から

439. カート・レヴィンの理論より

440. 超越的文脈把握力

目次(Back Number Vol 23)

441. アメリカドラマと「文脈」について

442. 才能や創造性に関する二つの研究アプローチ

443. 卓越性と文脈:文脈を見定める二つの眼

444. 時空の交差と文脈

445. 時間超越的な意識の中で

446. ベルグソンと時間の凝縮

447. 独学と学び合い

448. 生きた読書に向けて

449. 言葉の自己展開

450. 参禅開始

451. 高みへ

452. 物の奥行き

453. 三位一体の調和関係

454. 促しをもたらす文章

455. 意味の玉手箱

456. ロバート・シーグラーの「多重波モデル」

457. 知識基盤のない脆弱な実践について

458. 実践知について

459. 光へ向かって

460. 自己を研究対象とすることについて

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。