Recent Posts

⭐️【お知らせ】Back Number Vol 12(記事221-240)


過去のブログ記事221-240に加筆・修正を加えたBack Number Vol 12が完成しました。

発達理論に関心のある周りの方に、このバックナンバーをご自由にフェイスブックなどで共有していただければ幸いです。

閲覧・ダウンロードはこちらから:Back Number Vol 12

目次

221. 言葉の空き箱に経験を注いで

222. 遠いオランダからの厚意に応えて

223. 言葉の履歴書

224. フローニンゲン大学での修錬:二年目のプログラムに関する概略

225. 発達の不可逆性に抗って

226. 普遍性の獲得プロセスとしての人間発達

227. 国際心理学会議(International Congress of Psychology)での発表へ向けて

228. 訪問者

229. 言葉の沃野に飛び込んで

230. カート・フィッシャー5つの変容原則:「統合化」と「複合化」

231. 熟成

232. 実相

233. 焦点化・代用化・差異化という三つの変容原則

234. 安全基地と帰還場所

235. 私の中の辻邦生先生:有限から無限へ

236. 知識と言語の照明作用

237. 孤独さと個の確立について

238. 深化に寄り添って

239. 発達段階5/6「構成的認識段階」について

240. ダイナミックシステム理論と多様な応用領域

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。