Recent Posts

272. 初日からのハプニングの嵐:その2(欧州到着編)


少しばかり肌寒いフランクフルトに降り立ち、私はアムステルダムへの乗り継ぎを急いだ。フランクフルトは、ドイツ国内のみならず国際的に見ても経済・金融の中心地であるが、この日のフランクフルト国際空港は閑散としていた。

欧州ではこのところテロが頻発しており、乗り継ぎの際の手荷物・身体検査が厳重であった——その一方で、入国審査では何も質問されることなく、嘘のようにすんなりと欧州入国ができた。

前述の通り、手荷物・身体検査が面倒で、機内持ち込み用のスーツケースを開けられて中身を色々と確認された。無事に検査を終え、KLM航空のフライトを待つことにした。出発1時間前にもかかわらず、まだ搭乗ゲートが確定しておらず、ゲート番号の「D」という表示だけが電光掲示板に記されている。

「Dのどこで待てばいいのだろうか?」そのようなことを思いながら、辺りを彷徨っていると、搭乗開始時刻の30分前にうっかり搭乗ゲートから外に出てしまった・・・。つまり、もう一度あの面倒な手荷物・身体検査を受けなければならなくなったのだ。

「再びこんにちは(笑)。うっかりゲートから出てしまって・・・」

係員「あぁ、さっきの方ですね。覚えてますよ。」

「さっき検査を通ったから今回は素通りできますか?」

係員「いえ、残念ながらできません。もう一度受けていただく必要があります。」

「そうですか、仕方ないですね。アムステルダム行きのフライトの搭乗口がまだ確定しておらず、掲示板上でゲート番号が未表示なのですが・・・」

係員「もう一度チケットを見せていただけますか?ええっと、ちょっと待ってくださいね。今コンピュータで確認してみます。あぁ、ありましたよ、 “D23”ですね。」

「 “D23”ですか、ありがとうございます!」

という言葉の裏に、「私的に “D23”という番号をこっそり教えないでくれ!広く万民にその情報を電光掲示板で公開しないでどうする!」と微笑を浮かべながら心の中でつぶやいていた。

そうこうして無事にアムステルダム行きのフライトに搭乗し、定刻通りにフランクフルトを出発した。フランクフルトからアムステルダムまでは飛行機で1時間で着けるので、成田からフランクフルトまでの快適な空間と180度違う機内環境でもそれほど苦にはならなかった。

飛行機がアムステルダムへの着陸準備を始めた。窓からオランダを象徴する風車が見えてくる。今年の初頭にアムステルダムを訪れていたため、どこか懐かしい景色が広がっていた。

しかし、私が二年半ほど過ごしたサンフランシスコという街を機内から眺める時にいつも感じるあの安堵感、つまり自分の街に帰ってきたという感覚は、まだアムステルダムという街に対しては抱いていない。どこかの国からアムステルダムに向かう際に、「アムステルダムに行く」という表現から「アムステルダムに帰る」という表現になる日がいつか来るのだろうか。そのようなことを窓から景色を見下ろしながら思った。

さて、アムステルダム到着後のここからが大変であった。まずは日本から送ったスーツケースを二つ受け取らなければならない。先ほどの入国審査同様、これらのスーツケースを無事に、そしてとても速やかに受け取ることができた。

「さぁ、ここから新居に向かうぞ」と大型のスーツケース、中型のスーツケース、機内持ち込み用のスーツケースを携えて、新居までの3時間の小旅行に向けて気合を入れ直した。さもなければ、待ち時間を除いて、成田からフランクフルトまでの11時間半のフライト、フランクフルトからアムステルダムまでの1時間のフライトの後の、この3時間の移動に耐えられないと思ったのだ。

アムステルダムからフローニンゲンまでは、合計2回ほど電車を乗り換えなければならない。事前に電車のスケジュールをPDF化しており、それを携帯で確認すると、2回の乗り換え時間がやたらと短く、三つのスーツケースを運びながら時間通りに乗り換えができるか懸念していた。

アムステルダムから最初の乗り換え駅までの車中、チューリッヒから来たという小柄の中年男性から声をかけられた。

男性「どちらまで行くのですか?」

「フローニンゲンまでです。あなたは?」

男性「奇遇ですね!私もフローニンゲンまでです。それにしても、そのスーツはかっこいいですね。どちらのものですか?」

「いや〜、本当に奇遇ですね、フローニンゲンですか。スーツ?あぁ、ありがとうございます。このスーツはゼニアの生地で仕立てたものです。」

男性:「ゼニアですか。どおりでかっこよく見えたわけだ。」

そうなのだ。今回、日本からダンボールを送る際、そしてスーツケース2個を送る際に、このスーツとビジネスシューズ一足がどうしても入りきらなかったのだ。そのため、このスーツとシューズを身にまとって日本からオランダへ向かうことになったのだ。

いずれにせよ、今日は偶然が重なる珍しい日だなと思いながら、お互いにしばらく雑談をしていた。雑談がしばらく落ち着いた後、その男性は手軽な荷物とともに電車の二階席に姿を消した。

懸念していた一回目の乗り換えの時が来た。重たいスーツケースを一つ一つ急いで電車から降ろし、足早に乗り換えのプラットホームに向かおうとしていた矢先、次に乗るべき電車の案内が同じプラットホーム上に表示されていた。

「どういうこと?携帯では乗り換えの表示が出ているんだけど・・・。同じプラットホームで次の電車を待っておけばいいのかな?荷物を移動させる必要がなく、なんてラッキーなんだ!今日は本当についてるぞ!!」と思った。だが、先ほど乗っていた電車がプラットホームを断固として離れようとしない。

次に乗るべき電車が出発する時間の一分前になり、この電車がまさにその電車であることに気づいた瞬間、再び急いで三つのスーツケースを車内に乗せた。「紛らわしすぎる・・・。乗り換え表示などするのではなく、 “remain on board”という表示にしてくれればいいのに」とGoogle Mapを若干恨んだ。

残すところ後一回の乗り換えが依然として最大の懸念事項であったが、今日は本当に幸運続きの日であるため、同じような奇跡が起こるかもしれないと楽観視していた。次の乗り換えまでの1時間、車窓から見えるのどかな風景に見入っていた。

東京の都心に馴染みのある者にとって、アムステルダムの街ですら、大して都会には思えないだろう。そんなアムステルダムからオランダ北部にあるフローニンゲンの街に行くまでの景色は、実にのどかであった。

車窓から動いている風車と動いていない風車が見える。「オランダの風車には、人が住んでいるんだよな。安く風車を賃貸してそこで生活することができる代わりに、風車を定期的に回すことが要求されている、ということをどこかで聞いたぞ」ということが頭をよぎった。

風車の次に目に飛び込んできたのは、雄大な牧場を闊歩する牛の群団であった。この時すでに疲労はかなり溜まっていたが、「北海道か!」というツッコミを入れることはできた。

夜の九時を過ぎているのに、まだ太陽が見える。太陽が沈む時に私たちに見せてくれる最後のあの輝きに恍惚感を覚えた。その太陽は、夏とオランダを象徴するヒマワリを彷彿させるような鮮やかな色であった。

さぁ、二回目の乗り換えの時が来た。ここで再び幸運に恵まれた。チューリッヒから来たという先ほどの男性が背後から現れたのだ。

「すいません。同じくフローニンゲンに行かれるのですよね?よろしければ、助けてくれませんか?」

チューリッヒ人男性「ええ、お安い御用ですよ。」

「いや〜、助かりました。それではこちらの荷物を一つ、次の乗り換えの列車まで運んでもらえませんか?」

チューリッヒ人男性「もちろんいいですよ!こんなに重たい荷物を持って移動されるのは大変でしょう。」

この優しさに、心の中で「チューリッヒ人最高!」と声を上げたが、 よくよく考えると“チューリッヒ(Zurich)”は国ではなく、スイス最大の都市ではないか、ということに気づき、「スイス人最高!」と心の中で感謝のマントラを唱え直した。

無事に最後の乗り換えが終わったと思った途端、蓄積されていた疲労が一気に噴き出した。疲労困憊であったため、激しい睡魔に襲われ、ウトウトしていたところ、幻聴が聞こえ出した。聞こえて来た幻聴に起こされる形で、待ちに待ったフローニンゲンの街に到着した。

到着したのは、現地時間の夜の11時前であった。新居の鍵をどのように受け取るかを事前に不動産会社と入念に打ち合わせをしていたことを思い出す。結局、その不動産会社の傘下にある、深夜まで営業している近くのピザ屋で鍵を受け取ることになっていたのだ。「ピザ屋で鍵の受け取り?大丈夫なのか?」と日本を離れる前に思っていたが、「何にせよ今日はとにかく運がいいのだ」と自分に言い聞かせていた。

オランダの中でも最も美しい駅の一つと言われるフローニンゲンの駅を堪能する暇など全くなく、新居に一刻も早く着いて今すぐにでも休みたい、と心の底から強く思っていた。スーツケース3つをゆっくりと引きずりながら駅の改札口を出ようとしていると、中東か北アフリカから来たらしい三人家族が、不安げな表情を浮かべながら深夜のフローニンゲン駅のプラットホームに立ち往生しているのが見えた。

4歳ぐらいの小さな男の子と母親が不安な面持ちで椅子に腰掛けており、重たい荷物を引きずっていた私を見つけた父親が足早にこちらに近寄ってきた。本当は歩いて目的のピザ屋に向かおうとしていたが、その親切な父親が荷物をタクシー乗り場まで運んでくれると言ったので、もうタクシーに乗って行こうと思った。

その父親はタクシーまで荷物を運んでくれ、私はこの人の親切心に感謝して、そこで私たちは別れた。無事にタクシーに乗り込み、オランダ語と英語のどちらも流暢に話すペルシャ系の運転手に目的のピザ屋の場所を告げた。

「正直なところ、歩いていける距離なんですけどね。」

運転手「ちょっと地図を見せてくれますか?ええと、通りはここですね。」

運転手とやりとりをしていると、先ほどの父親が小さい息子の手を引きながら、助手席に座る私の方に近寄ってきた。小さな男の子が私をじっと見つめている。

「先ほどはどうもありがとうございました。」

その父親「いえいえ。ところでさっき乗ってきた電車の切符を持ってますか?」

「ええ、まだ持っていますよ(あぁ、そういえば、改札口に切符を通していなかったところを見られたのかな)。」

その父親「その切符いただけますか?」

「ええ、いいですよ。」

切符を手渡すと、その父親は小さな息子の手を引きながら一目散にプラットホームに姿を消していった。

運転手「今のは良くないと思いますよ。だって切符にあなたの個人情報が載ってるんでしょ。」

「えっ、そういえば・・・(クレジットカードで購入していたからカード番号とかも特定されてしまうのかもしれない)。取り返した方がいいですか?」

運転手「ええ、そう思います。」

“Yes, I think so.”という言葉が聞こえた瞬間に、私は助手席から飛び降り、ゼニアのオーダースーツとビジネスシューズを身にまとった疲労困憊の体でその父親を懸命に走って追いかけた。追いかけるモードに入る前に、すでにタクシーに積み込まれた三つのスーツケースのことが気になっていた。

というのも、着飾った格好をしているアジア人が、深夜のフローニンゲン駅の中で一人の男を追いかける姿に、他のタクシードライバーたちは笑いながら見物しており、それに便乗してスーツケースの積まれたタクシーまでどこかに走り去ってしまうのではないかという恐怖があったのだ。

幸いタクシーは静止しており、また、小さな子供を連れていた父親の足取りは遅く、男を無事に捕まえることができ、切符を取り返すことができた。後々になって気づいたが、購入した切符に私の名前が記載されているわけでも、カード番号が特定されてしまうような情報が記載されているわけでもなかった。

単に、この切符はオランダ国際空港からフローニンゲン駅までをその日中であれば移動できるというものであり、タクシー乗