Recent Posts

131. カート・フィッシャーの「ダイナミック・スキル理論」の要約


これまでいくつかの記事で、ハーバード大学教育大学院教授カート・フィッシャー(Kurt Fischer)が提唱した発達理論「ダイナミック・スキル理論(Dynamic Skill Theory)」を取り上げてきました。この理論は、現在存在する意識発達・知性発達理論の中でも最重要理論であると思われるため、もう一度ダイナミック・スキル理論をわかりやすくまとめ直します。

カート・フィッシャーが1980年に出版した “A Theory of Cognitive Development: The Control and Construction of Hierarchies of Skills"という優れた論文の中で提唱された「スキル理論」を原型とし、ダイナミック・スキル理論は30年以上に及ぶ多様な実証研究の成果に基づいて構築されています。ダイナミック・スキル理論の根幹には、「人間の思考や行動は変動的なものであり、それらは文脈に応じて動的に変化する」という思想があります。

子供であれ成人であれ、現実世界の具体的な活動に従事する際に、活動内容や 活動環境が変化すれば私たちの思考や行動も動的に変化する、という指摘は当たり前のように思えるかもしれません。しかし、これまでの発達論者の多くは、人間の心が持つそのような動的な特性を総じて蔑ろにしていました。現在世間で知れ渡っている多くの発達モデルは、フィッシャーが指摘している心の動的な側面を適切に反映していません。

実際のところ、ほとんどの発達モデルは、意識の発達構造を「静的」あるいは「固定的」なものとみなしてしまっています。例えば、前期ピアジェの「普遍的発達構造」やチョムスキーの「内在的言語モジュール」などは、心の構造を静的・固定的なものとみなしてしまい、文脈に応じた変動性や環境からのフィードバック作用をはじめとする心の動的な側面を正確に映し出しているとは言い難いです。

心の構造を静的・固定的なものではなく、動的なものとしてとらえる際に重要となるのが「変動性」(variability)という概念です。変動性とは、私たちの思考や行動は置かれている文脈に応じて様々に変化するということを意味します。例えば、教育の現場において、昨日できていたことが、翌日、状況・状態が変化するとできなくなっていた、というようなことは頻繁に起こります。

もちろん、こうした事柄は、子供だけに当てはまるわけではなく、成人にも当てはまります。また、さらに微視的に眺めると、私たちは刻一刻と変化する周囲の状況や感情の状態などに影響されて、瞬間瞬間に異なるレベルのパフォーマンスを発揮しています。

驚くべきことに、これまでの発達研究では、こうした変動性は統計的な「異常値」として扱われる傾向にありました。しかし、ダイナミック・スキル理論では、それを異常というよりもむしろ「通常」の現象として扱います。正にそうした変動性こそが人間の心理的な発達のダイナミズムを解き明かすための重要な要素として捉えられるのです。

フィッシャーのダイナミック・スキル理論の核となる思想を再び要約すると、 私たちが現実世界で発揮するパフォーマンスは、常に変動しているということになります。なぜなら、私たちのパフォーマンスを生み出す心の構造がそもそも静的なものではなく、動的なものであり、そのときの状況、他者との関係性、自己の身体的状態等と常に相互作用しながら変幻自在に変化しているからです。

【追記:エコロジカルマインド&華厳的心】

人間の知性・意識・心の発達理論を探求する中で、生態心理学的な心の捉え方と華厳宗的な心の捉え方がフィッシャーのダイナミック・スキル理論と関係性が深いと思うようになりました。生態心理学の提唱者の一人、ジェームズ・ギブソンは、私たちを取り巻く環境が心や行動に与える意味を「アフォーダンス」と名付けました。

フィッシャーも取り巻く環境に応じて私たちのパフォーマンスレベルは動的に変動すると述べているため、環境によって影響を受ける「エコロジカルマインド」という発想は、フィッシャーのダイナミック・スキル理論と大きな接点があると思います。

また、フィッシャーの理論を学習しながら、応用数学の一分野ダイナミック・システム理論を探求し、そこからシステム理論と仏教哲学の親和性などを見出しました。特に大乗仏教の宗派の一つである華厳宗の中心思想とフィッシャーのダイナミック・スキル理論にはつながりが存在すると思います。

華厳宗の中心思想は、現実世界のリアリティは個別具体的な事物が相互に関係しあい、重層的かつ無限に重なり合っているという考え方です。実際に、フィッシャーのダイナミック・スキル理論に横たわる根幹思想は、私たちの知性は様々なものと相互に関係しあい、無限に広がる関係性の網の目の中で発現されるものであるとしています。

ダイナミック・スキル理論という西洋的な心の理論を探求することを通じて、私の中の東洋を発見することにつながり、フィッシャーの研究成果とその理論に対して大変感謝しています。

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)