Recent Posts

65. 新ピアジェ派の3つの理論分類


前回の記事で、代表的な新ピアジェ派の研究者の名前を列挙しました。改めて紹介すると、パスカル・レオン、ロビー・ケース、グレイム・ハルフォード、カート・フィッシャー、アンドレアス・デメトリオの5人が新ピアジェ派の代表的人物です。5人の発達研究者の理論やアプローチの仕方は、それぞれ独自性を持っているのですが、大きく分けると下記の3つに分類することができます。

まず、パスカル・レオン、ロビー・ケース、そしてグレイム・ハルフォードの理論を一括りにすることができ、彼らは認知機能の情報処理能力に焦点を当てていました。より具体的には、発達の要因として作業記憶の役割を強調しています。

つまり、彼らは、作業記憶と認知的発達との間に直接的な因果関係が存在すると仮説を立て、情報処理能力の向上が次なる認知的発達段階を引き起こすと想定しています。

二つ目の分類に当てはまるのは、カート・フィッシャーの理論です。フィッシャーの理論は、一言で述べると、認知的発達の社会的側面や学習的側面を強調しています。言い換えると、フィッシャーのアプローチは、情報処理理論というよりも、社会的・文化的な発達理論や学習理論に影響を受けています。

そのため、フィッシャーは、認知的発達の情報処理的側面ではなく、スキル発達の観点から人間の発達を捉えようとしています。さらに、フィッシャーの理論が特徴的なのは、下位の発達レベルから上位の発達レベルへ至る過程を、潜在的な構造に帰するのではなく、社会的・文化的な影響に帰結させている点です。

最後の分類は、アンドレアス・デメトリオの理論です。デメトリオの理論のエッセンス部分だけを抽出すると、デメトリオは、認知が持つ様々な領域を考慮し、発達における自己認識・自己統制機能に着目し、発達の個人差を探求しています。

新ピアジェ派の代表的人物の理論を3つに分類すると、上記のようになります。この記事が、新ピアジェ派の理論分類に関して、大きなピクチャーを描くことに貢献できたのであれば幸いです。

質問・コメント・記事の共有をご自由にしていただければ幸いです。

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。