Recent Posts

47. ピアジェを始めとした段階モデルの限界:発達の線形性・非線形性


人間の発達過程に構造的特性を見いだす思想において、安定的かつ不可変の構造の存在が鍵を握ります。例えば、こうした思想では、私たちのスキルが発達するプロセスの中に、確固たる規則性を見つけようとします。

ピアジェの研究が残した功績は、こうした確固たる規則性、つまり発達構造が持つ不可変のパターンの存在に合理的な説明を与えたことにあります。ピアジェの論理は、私たちは自らの活動や解釈方法を規定する論理構造を構築する生き物であるとしています。

また、これらの構造が存在する恩恵を受けて、私たちは、多くの文脈にわたって同様の概念やスキルを適用することができるとされています。要約すると、ピアジェ派の発達思想において、人間の認知活動が生み出される論拠を論理構造のみに還元してしまっているため、実際のところ、発達プロセスの中に見られる可変的な現象を説明することに失敗しています。

もちろん、発達構造の中にある種の規則性が見られることは確かなので、その点においてピアジェの功績を過小評価することはできません。実際、ピアジェが説く「普遍的な論理構造」という概念は、発達構造が持つ規則性を説明するのに最適であったがために、発達の可変的特性を無視するという限界を覆い隠してしまったのです。

こうした段階モデルは、人間の心の構造を静的なものに置き換えてしまったため、人間の心が持つ動的なメカニズムを説明することができませんでした。結果として、人間の発達が持つ非線形的な特性を蔑ろにし、形式的な論理を用いて発達の線形性を説明することに留まってしまったのです。

質問・コメント・記事の共有をご自由にしていただければ幸いです。

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)