Recent Posts

42.生得論と経験論の暗黙的融合


前回の記事で、生得論者と経験論者の争点とデカルト的二元論が既存の発達理論のパラダイムにもたらしてきた影響について述べました。発達に関する両極の議論は、この一世紀以上続いています。

両極に属する近年の発達論者の議論を俯瞰してみると、どちらも厳密の意味で生得論的主張でも経験論的主張でもないという新たな特徴が浮かび上がってきます。

そうした特徴に加え、両者の立場が暗黙的に融合されているという状況が見受けられます。つまり、現代の発達理論というフィールドにおいて、発達を生得的・内在的なものとする立場と、発達は経験によって生まれるとする立場の境界が曖昧になり、両者が融合された理論的な枠組みが存在しているのです。

しかし、両者の融合モデルは、結局のところ、デカルト的な発想に呪縛されているという点に注意が必要です。両者の融合モデルにおいて、私たちは生まれた時から内在的に核となる知識体系やスキルシステムを持っており、それらは学習によって拡張されなければならないと想定されています。

生得論・経験論の融合モデルでは、そうした核となる知識体系やスキルシステムが生涯に渡って質的に変化するかどうか、あるいは成人に達すると変化が生まれないのかなどを議論しています。しかし、そうした議論をする際に、決定的に欠けている視点が存在します。

それは、人間の心を環境や文脈と切り離してしまっているという点です。そこでは、人間の思考が行動や活動と切り離され、心が組成される方法とそれがどのように現実世界で機能するかを切り離してしまっています。

カート・フィーッシャーのダイナミックスキル理論では、人間の思考と行動・活動を切り離すことなく、心を文脈に位置づけて議論するため、生得論・経験論の融合モデルとその点において異なっていると言えます。 質問・コメント・記事の共有をご自由にしていただければ幸いです。

過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

© 2013 All rights reserved by Yohei Kato

 

免責事項:当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。

 

当サイトの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。当サイトが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。当サイト内には、他の著作物から引用し、文章を作成している記事がございます。万が一、著作権に抵触する場合にはお知らせください。速やかに対処させていただきます。