top of page

11097-11100: ロッテルダムからの便り 2023年10月14日(土)



その他のカリンバ即興演奏曲はこちらからご視聴いただけます。

8617個のピアノ曲・箏曲の全ての楽曲はこちらのMuseScore上で公開しています。


下記のアートギャラリー(Instagram)より、本日のアート作品(3つ)の閲覧·共有·ダウンロードをご自由に行っていただけます。


成人発達理論とインテグラル理論を楽しく学んでいただける「成人発達コラボラジオ」を2023年7月14日より始めました。

タイトル一覧

11097. 【ロッテルダム滞在記】早田航さんとの初対面の思い出

11098. 【ロッテルダム滞在記】今朝方の夢

11099. 【ロッテルダム滞在記】毎瞬の思い出の中で

11100. 【ロッテルダム滞在記】アニマルフローのトレーニングプログラムの初日を終えて


11097. 【ロッテルダム滞在記】早田航さんとの初対面の思い出


時刻は午前5時半を迎えた。今朝方は午前4時半に起床し、そこからシャワーを浴びて、作曲実践をし、デジタル絵画を描くといういつもの朝の活動に従事して今に至る。その間には昨日のラジオの収録を編集するなどもしていた。昨日はサッカーの欧州選手権(EURO)の出場権をかけて、オランダとフランスの試合があり、宿泊先のロッテルダムのホテルもその試合で夜中まで盛り上がっていた。結果としてオランダは試合に負けてしまったのだが、その熱は夜遅くまで残っていて、いつもの就寝時間をはるかに過ぎても外は少し騒がしかった。そんな状態で就寝したのだが、今朝方は思った以上に目覚めが良かった。それは昨日のサウナのおかげかもしれない。サウナと冷水シャワーの3セットを行ったことが睡眠の質を高めてくれたのだろう。起床したときにも肌の張りがあることに気づき、やはりシャワーのデトックス効果と肌の引き締め効果はすごいと思った。


昨日のサウナは1つ思い出になった。「インテグラル·サイケデリックラジオ」を共に配信している早田航さんと昨日初めてお会いした。今日からのアニマルフローのトレーニングに向けて、同じホテルに宿泊している。当初の予定では、航さんがホテルに到着次第、一緒に夕食を近所のスーパーに買いに行く予定だったが、航さんが乗車された列車に遅延が生じたので、お互いに別々に夕食を調達することになった。なので当初の予定ではホテルのロビーで初顔合わせをし、そこから買い物に行くはずだったのだが、結局そこでは顔合わせをせず、夕食を済ませてからロッテルダム滞在記念にラジオを1つ収録した。その後、このホテルにはサウナがあることを知っていていたので、ラジオの収録を終えたらサウナに向かった。航さんにサウナのお誘いをし、先にサウナルームに到着してシャワーを浴びている最中に航さんが来られた。なので初対面の航さんとの出会いの場において、私は全裸だったのである。そこからはロウリュのできる落ち着いたサウナに入り、3セットの中でゆっくり話をし、整った状態で休憩室でもゆっくり話をしていた。気がつくともう普段の就寝時間の午後10時を迎えていて、明日は午前中にゼミナールがあり、午後からはアニマルフローの研修があるので午後10時過ぎに部屋に戻った。そのような時間を航さんと過ごしていた。ラジオの方でも普段以上に話をしていたが、初めて直接会って話をすると、やはり話に花が咲く形となった。あと1時間半後の朝食でも航さんと楽しく話をすることができるだろう。今日からも楽しみがたくさんである。ロッテルダムのホテル:2023/10/14(土)05:52


11098. 【ロッテルダム滞在記】今朝方の夢


時刻は午前6時半を迎えようとしている。この日記を書き留めたら1階のレストランに降りて、コーヒーをもらってこようと思う。週末の朝食は午前7時半からとのことなので、ひょっとしたらレストランはまだ開いていないかもしれないが、ダメもとで1階に降りてみよう。そこから今日のアニマルフローの会場に向かうために使うトラムの停車場所を下見して、そこでチケットが買えるのかを確かめておいた方がいいかもしれない。フローニンゲンには如何せんトラムなどないので、チケットがどこで買えるのか不明である。バスであれば車内で購入できるが、トラムは事前に購入しておくイメージがあるので要確認である。


今朝方は2つほど印象に残る夢を見ていた。場面の長さはさほどではないが、記憶に鮮明に残るものだった。夢の中で私は、真っ暗な宇宙空間にいた。そこでどこからともなく人間の声が聞こえて来た。それは日本語で、次のような内容だった。


「宇宙は無限に広い。そんな宇宙の探求には無限の道がある。あなたの好きなように好きな道を歩めばいい。そうすれば、きっとあなたは宇宙の素晴らしい景色に出会うだろう」


このメッセージを受けた瞬間にハッとして目覚めると、時刻はまだ午前3時だった。なのでそこからまた眠りの世界に戻った。するとそこで、どこか穏やかさに満ちた家の中にいた。その家は木材でできていて、環境に優しく、そして人にも優しい作りになっていた。そんな家の広いリビングで寛いでいると、近くに母がいたので、母と談笑をしていた。すると、今は亡き愛犬のトイ·プードルが嬉しそうに尻尾を振りながら、口に郵便物を加えて私の方に駆け寄って来た。愛犬は私のところにやってくると、口に加えているものをポトリと落とした。それを見ると、私の名前が書かれたインターネット代金か何かの支払い書で、愛犬が自分の名前を漢字で理解していることに驚いた。愛犬の賢さに感動し、頭を撫でてあげると愛犬はさらに喜んでさらに激しく尻尾を振って嬉しそうにしていた。そこからもしばらく愛犬と戯れ合い、とても楽しい時間を過ごしていた。そして目覚めると時計の針は午前4時半を指していた。ロッテルダムのホテル:2023/10/14(土)06:37


11099. 【ロッテルダム滞在記】毎瞬の思い出の中で


時刻は午前9時半を迎えようとしている。つい先ほど現在ロッテルダムの同じホテルに宿泊している早田航さんとの朝食を摂り終えた。昨日の激しい雨風とは打って変わり、今日のロッテルダムはすこぶる天気が良い。気温は今日からぐっと低くなったが、それがむしろ心地良く、今、土曜日のロッテルダムの上空には燦然と輝く朝日が浮かんでいる。


7時半から先ほどまでゆっくりと朝食を摂りながら、色々な話ができたことはとても有意義であった。ここでもお互いの研究·実践における共通の関心事項であるサイケデリクスの話をしていた。航さんはカナダのオタワ大学の出願に向けて準備をしておられ、自分もまたハーバード大学神学大学院に向けた準備を着々と進めている。今日こうやってロッテルダムでお互いの将来について話したことが、本当に実現してくれればと思う。自分1人の頭の中でビジョンを描くだけでもなく、また自分1人で口に出すだけでもなく、こうやって対話の中でそれぞれのビジョンを語り合えたことは、今後の財産になるような時間だった。お互いがそれぞれに呼ばれた大学院でサイケデリクスの研究を出発させ、そこからまた様々な方面に自由自在に羽ばたいていく姿が想像できた。


それではあと30分後から始まるオンラインゼミナールの第51回に向けて最後の準備をしておこう。今日は今取り扱っている親友のジョハンが執筆した書籍の第5章を扱う予定だ。こうやってロッテルダムでジョハンの書籍をゼミの皆さんと扱えることもまた良き思い出になるだろう。自分の人生における毎瞬毎瞬が良き思い出の時間になっていく感覚がある。自分の人生の時はそのようにしてこれからも流れていき、自分の思い出の総体が人生の総体となる。自分は常に思い出の流れとしてこれからも生きていく。ロッテルダムのホテル:2023/10/14(土)09:30


11100. 【ロッテルダム滞在記】アニマルフローのトレーニングプログラムの初日を終えて


時刻は間も無く午後10時を迎えようとしている。昨日と同様に、今日もホテルに備え付けのサウナに入ってさっぱりして来た。やはりサウナはいいものである。昨日は早田航さんと一緒にサウナを満喫したのだが、今日は1人で貸し切り状態のサウナを満喫させてもらった。サウナで整う状態は深い瞑想の状態に喩えられ、こうした状態を昨日と今日味わうことによって、明後日のシロシビン·セッションもまた充実したものになるのではないかと期待される。


今日は朝食を摂り終え、毎週末の恒例のゼミナールのクラスを終えて少し休憩をしたら、今回のロッテルダムの滞在の目的であるアニマルフローのトレーニングプログラムに参加するためにホテルを出発した。オランダでの生活も今年で8年目なのだが、いまだかつてロッテルダムには足を運んだことがなく、今回初めての滞在だったので、ホテルからトレーニング会場まで歩いてその風景を楽しめたことはとても良かった。航さんと一緒に会場に向かう最中も話題が尽きることはなく、絶えず笑いながら話を楽しんでいると、予定よりも早く会場に到着することができた。


すでに時刻はいつもの就寝時刻を迎えているので、明日以降またゆっくりと今日のトレーニングの内容を思い出しながら振り返りたいが、プログラムを担当してくれたトレーナーの方曰く、これまで以上に数の多い参加者だったようで、合計で22人ほどの参加者がいた。国籍とてしてはオランダ人がもちろん多かったが、それ以外にもペルー人やフランス人の方もいて、自分がマイノリティーであるという感覚は全く抱かなかった。やはり参加者の大半はトレーナーやヨガの教師など、何かしらの身体実践を職業にしている方が多く、自分のように仕事と直接関係なく、自分の個人的な身体実践をさらに豊かにしようとする思いで参加していたのはひょっとしたら自分だけかもしれないと思う。逆にそうした思いで参加した分、今日教えてもらった動きの中で毎朝のアニマルフローの実践で取り入れたいことや気をつけたいことがいくつもあり、ジムでのウォーミングアップやクールダウン、さらにはメインのトレーニングにも活かせる動きがいくつかあったことは大変ためになった。明日のトレーニングもまた楽しみである。アニマルフローの研修でしっかり体を動かし、サウナにも入ったので、今夜もまたぐっすりと眠れるだろう。ロッテルダムのホテル:2023/10/14(土)22:00

Comments


過去の曲の音源の保存先はこちらより(Youtube)

過去の曲の楽譜と音源の保存先はこちらより(MuseScore)

bottom of page